12-05-18(2012年 第30号)
   
○隣りの森町の桜  5/17
まだ見られる時節。函館の女性4人と花見のドライブ。公園の中をゆっくり歩いた。人は少ない。
連日の奇妙な天気がたまたま普通になった1日。おしゃべりもあって楽しい1日。お昼はホテルのレストランでハンバーグと生ビール。
 

○温泉ドライブ  5/18
今年最初のドライブは知内温泉。帰り道、4キロの桜ロードをドライヴしたが、相当部分がまだ若い樹なので、連なって見えるほどには育っていない。10年もしたら立派な並木になるだろう。今年は時期としてやや遅きに失したこともある。

川波食堂でカキフライと手打ち10割蕎麦とビール。どちらもボリュームがあるので、残りはガ・フレの持ち帰りとなった。もう1人のガ・フレは野菜の天ぷら定食だったが、これも食べきれず、持参のタッパーウェアで持ち帰り。ビールも大瓶だったが、これはぺロリ、いや、ゴックン。

1人だけだった露天風呂で、身を沈めたり胸から上を出したり、下半身を伸ばしたり。
往きの車中でも缶ビールを1本飲んだから、風呂後の満腹と大瓶と相俟って、還りは居眠り。

○友人の死
67歳の友人が肺がんで亡くなった。今年2月上京した際、時間があれば会うことにしていたが、どうしても空かないので会わず仕舞いだったことが悔やまれる。
昨年2月に会ったときはピンピンしていて、2夜、もう1人の友人江口君と痛飲したものであった。
4月末、「山初省吾氏を囲む会」の案内が来た。「日刊食糧新聞」の社長だったから、水産関係のお歴々が企画した集いだった。行きたいのは山々だったが、東京には年1回しか行かないので、と断った。案内状に「体調により本人の参加時間は短時間となる場合もある…」とあったので、憂慮していたが、その5月8日から3日後の11日に逝去。がんの発見が遅かったのだろう。まったく残念。
いい男だった。私が東京中野に住んでいたころ、まだ独身の彼はひょうひょうと独りで現われ、わが家で鍛えられ酒に強くなっていたから、けっこう飲んでは泊まっていったものである。
アジアの歴史に強く、大学も東洋史の教授を慕って受験した。函館出身という縁もあって、在学中からわが家にきていた。当時わが家には若い者がよく集まっていたので、彼が命名したと思うが、「梁山泊」―ちょつと口幅ったいが―と言って笑ったものである。
ご令室は写真家で、年賀状には彼女の写真を使っていた。
彼は「妙」がまだ雑誌スタイルだった頃から読んでいて、「さりげなく入っていきますね」「形容詞が少ないですね」と、一番うれしいことを言ってくれたのを覚えている。そういう読者が1人でもいてくれればと、いまも思っている。

○晩酌独語
貧乏人の貧乏具合がひどくなってきた。目につくようになってきた。女子高生の着古した服装が寒そう。子供のスニーカーのかかとが減っている。中年女性のバッグが色褪せている。
とうとうここまできた貧乏。耐え切れなくなったのだ。いよいよ本格化し、広がってきた生活困窮。私の持ち物もすべて古色蒼然、買い替えも不自由。

国会議員のパリッとしたスーツが目につく。そんなことまで…まったく。いやな目つきになった。ピカピカの黒い車…まったく、そんなことまで。

こんなときに、不公平な消費税を上げる神経は庶民とはちがう神経。公平に取るならまだしも、いまの不公平さと、面倒だからと、いわゆる軽減税率は採らないまま(多分。駆け引き材料として出てくるか)、ただパーセントを上げる遮二無二さ。

「どじょうの面にションベン」なんて言っても意味はない。
「メルトダウンしているのは民主党」、なんて言っても、かえるの面に小便。
 ちょっと、酔いがまわってきたか。

外国の軍事基地があちこちに、沖縄にはドカーン、とあって、60年も経つのに条約改正の動きもない。被占領時代からの継続使用だというから、こちらの言い分はゼロのまま。都会の超低空を轟音立てて軍用機が飛び回っていると、それが安全保障とかいう言葉に化けるらしい。思いやり予算という負担までして。これで独立国、かいな。

憲法違反の自衛隊が100億円とかの軍用機を何機も買うとか。1機100億! 武器は持てば使うことを考える商品。
憲法違反の票格差もなんのその、選挙だ選挙だの風向き。法を守らない立法府じゃ、庶民も法を守らない。

福島第一原発。「4号機 今もそこにある危機」と新聞に大きく書いてあっても…さて、どうなる。
記事には「4号機で事故があれば世界は終わる」「最悪のシナリオの引き金は『4号機プールの燃料破壊』」などとある。 5/13 道新
人災のみなし天災。地震のせいでも津波のせいでもないのに、地震があって津波が来たから、といっていたら、アキマヘンでぇ。
ということは、世界の終りをこの目で見られるかもしれない稀有な時代に生きているわけか。皆既日食の次は皆既人類食。
 ウィスキーは奮発して竹鶴17。じつに美味い。抵抗なしに口に広がり奥へと入って行く。

酔川柳。  離れ葉舞い上がる下りたくなくて 
        緑樹に見え隠れに上人枝に座し 
        年々歳々花相似たり 歳々年々年金同じからず
       狂い猫おれにも狂えと鳴いてくる
       馬と目が合いこの世の哀しみ共に
        独り爺へっちゃらの期限切れ冷奴
        齢の功曲がった臍が戻りおる
        貨車通過夜の完寂と完黙
                                                  おわり

                          大沼通信12-05-16へ