12-05-16(2012年 第29号)
  
○志麻木亭さっ平落語独演会  5/13
           札幌八軒 そば処 志麻木庵
今月の出し物は「千早ふる」。ほら貝で気を高め、祇園太鼓でムード盛り上げ。55分の熱演。おもしろかった。

来年のことになるが、さっ平さんは、ドイツの大学で落語を一席打つことになったそうである。ドイツ人と結婚して向こうに住んでいる日本女性がけっこういるという。ドイツ人の友人らが、そういう人たちにも声をかけてくれるらしい。ドイツの大学で落語会とは快挙。

終演後、今月もまたお宅に呼ばれ「しいたけパーティ」。
バジル入りオリーヴオイルと胡椒だけで焼いたしいたけはいくらでも食べられた。トリュフ入りの塩をほんの少しかけて食べると、また一段と味が引き立った。しいたけで腹いっぱいになった。
また、自家製のタンポポジャムをご馳走になった。畑に蒔き肥料をたっぷり施すとタンポポは大きく立派になるという。先生はコアントロー・オレンジリキュールとクエン酸を少々入れたという。鮮やかな緑色。これも美味しかった。

なお、「出囃子 祇園太鼓」でグーグル検索すると、この落語会の「大沼通信」を見ることができるのを知った。

○1Q84 村上春樹愛読者からお便り
春樹ファンの女性からお手紙をいただいたので転載(無断で)させてもらった。

「1Q84」をとてもすばらしく書評していらしてうれしい!
別に春樹ファンという程ではなかったのに、20年振りに「ノルウェーの森」から始まり、図書館の春樹の小説は殆んど読みつくし、「1Q84」を、リクエスト100人待ちも我慢してうけとり、むさぼるように、心はずませて読み続け、おかげで目がまた悪くなったような…。

私の周辺には「1Q84」を読んだ人もいず、過去の本も、ベストセラー作家の本はニガテの人が多くて、いくらいい本だとか、読んでみて、と話してもダメ。でも今朝ぼんやりした頭でホームページを見ていて目が覚めました。本当に同志を得たようで、うれしく、ペンを取り、くどくど書いてしまいました。

私は青豆、天吾の宿命、こう生きるしかなかった「業」のような人間の哀しみをうまく表現していて、一息に読みました。読書の醍醐味を満足させてくれた本です。しかし、若い人には読まれても、我々高齢者にはどうして受け入れられないのかと残念です。まぁ、読まず嫌いの人が多いとは思うのですが…。

春樹の文章は上品で生き生きとし、その上少々小難しい、でもそこが又いいんですね。贔屓のひき倒し(?)。いろいろ命題は含まれてはいるのでしょうが、まずは楽しむのが最上のような気がします、特に春樹の本は。

今はほとぼりも冷め藤沢周平を読み続けています。時代も人物も異なってはいても、底通するものは同じような気がしています。20年以上読んでいる「源氏物語」も今年で終りです。2回読んでもさっぱり理解できなかったように思う反面、読むことのおもしろさは充分味わえたようにも感じて、自己満足しております。

ところで、春樹の小説のテーマは何なのでしょう。私は人間の孤独というのが1つあるように思うのです。どの小説も友人知人が少なく血縁もない人達が登場します。生きとし生きる者の孤独を感じ共感しています。寂寥感というのとは違うのですが、似て非なるものでしょうか。

○繰り返し聴く歌
なんなんだろう。シューベルトの歌曲「岩の上の羊飼い」を何度も聴いている。日によっては、ほかの音楽を一切聴かないことがある。何時間もそれだけを繰り返し聴いて飽きない。11分ばかりだが、へんな曲だ。きっと私の心臓の中心に矢が突き刺さったのである。キューピッドの矢ではないが、タイミングよく、ズバリと入ってしまった。
「1Q84」では青豆が男の首筋のある1点に針を刺し、あっという間に殺すが、この曲は私のハートの急所を刺し、あわせて耳を、この1曲しか聞こえなくしたかのようだ。バーバラ・ボニーの歌い方が、勢いというか迫力があっていい。(この曲については第25号でも触れた)

思い立って、試しにクラリネットの曲、たとえば、五重奏曲(モーツアルトとブラームス)を聴いても、当然ながら、この曲の伴奏クラリネットとは意味も立場も異なるから、比較に意味はないが、「…羊飼い」のクラリネットは、この場で最上の効果を上げている。歌と相俟って私を痺れさせている。言葉に詰まるが、やはり、至福のときというしかない。もちろん、「…五重奏曲」はどちらも前から私の好きな曲の上位に位置しているのだが。

○聴きそこなった曲

マーラーの九番。サイモン・ラトル。5月11日夜のFMで流されたが、途中から途切れ途切れに聴いただけ。まだCDは手に入らないのではないか。なんとか聴く手立てはないかと思っているところ。
16日の「大地の歌」はパソコンで聴き始めたが、あまりの音の悪さに、こんな音で聴いては楽団関係全員に失礼に当たるのではないかと、途中で止めた。

○憶えていないおしゃべり
飲みすぎて前日の記憶がない、なんてことはいくらでもあるが、殆どまるまる憶えていないことは珍しい。先夜、JRの車中でそういうことがあった。恥ずかしいから書かないが、誰と一緒だったかも(何人だったかも)きれいに忘れている。何をしゃべったかも、どうやって帰宅したかも、まるで忘れている。事柄の端ッコさえ憶えていないのである。死にたくなるくらい恥ずかしい。この爺!! もしかして、新型幼児化病!! それとも普通の認知症??
                                                  おわり

                          大沼通信 12-05-11へ