12-05-11(2012年 第28号) 
        
○「丸の内朝飯会」の佐藤守信さんからいただいた写真。「私には精霊流しのように見えました」。そして、この写真について、「珍しく褒められてとても嬉しいです」とあった。じっくりご覧ください。

「東京ホタル:幻想的な光アート 隅田川  毎日新聞
東京・隅田川で6日夜、ホタルに見立てた約10万個のLED(発光ダイオード)を放流するイベント「東京ホタル」があった。近くの東京スカイツリーもライトアップされ、周囲は幻想的な光のアートに包まれた。 墨田区や台東区などで作る実行委員会が主催。使われたのはパナソニックが提供した「いのり星」と名付けられたLED(直径8.5センチの球形)で、水面に浮かぶと点灯する仕組み。太陽光パネルで蓄電・発電し、使用電力はゼロという。放流後は川下でネットを張り回収された。一方、22日の開業を控えたスカイツリーは隅田川をイメージした淡い水色に輝き、見物客が歓声を上げた。

○1Q84のその後  第4回
 これほど夢中になって読む小説は何年ぶりだろう、と思う。
いまで言う「エンタメ」として、いわゆる「良い」というより、「おもしろい」フィクションとして、エラそうにいえば、限定評価のうえで、読み始めたが、すっかりとりこになった。
私としては短時日で文庫本4冊を読み終えた。Book 1、2、3という名称で文庫で2冊ずつ、通し番号で1から6まである。
残り2冊は今月29日発売。その間をどうするか、その時間は別の何かの本を読もうなどと考えている。時間を持て余すとはこういうことではなかったはず!?

スーパーヒロインの2つ目の殺人は、殺す相手との長い会話のあと、相手が死を覚悟したうえで実行するという妙な展開となる。その「問答」辺りからややこしくなる。
前回予告のように、そこで「時間性」に入り込んだということは、四次元世界のことかと思った。昔、四次元世界に自由に行ったり来たりする空想科学小説を読んだ記憶がある。三次元+時間=四次元世界だったはずだが、それは「ミンコフスキーの時空」であって、四次元ではないらしい。インターネットで検索した簡単な説明によると次のようである。
ミンコフスキーは1907年ごろに、アルバート・アインシュタインによって発展させられていた特殊相対性理論が時間の次元と空間の三つの次元を組み合わせた四次元の時空を用いることで簡素に説明されることを見いだした。」

(以下、5段落の活字不揃い)それはそれとして、分らないことでは同じなのだが、小説では1Q84年と1984年が別の世界ということになる。パラレルワールドでもないという。その説明が私にはややこしくて分らない。そこでギヴアップしたほうがいいのかもしれない。しかし、私は分らないまま読み進めた。

「さきがけ」というオウム真理教のようなコミューン。そこで生き、逃げ出してきた少女が新人小説賞に応募する。タイトルが「空気さなぎ」。リトル・ピープルが「空気さなぎ」をつくる話などがある。

読んでも分らないモノは前回メモと同じになるが「2つの月」「空気さなぎ」「リトル・ピープル」など。進むほどにどんどん出てくる。たとえば、パシヴァとレシヴァ、実体ではなく分身だったり、心の影だったり、もう理解不能。

ヒロイン青豆と天吾という青年ヒーローの2人は引き合っているが、小学生のとき以来出会っていない。
この2人の世界が別々に、章ごとに交互に展開する構成。そこに小説にも出てくる「別の世界」が交互に入り込むからややこしくなる。
2人が近くで別々に2つの月を眺めていたりするのは、いわゆるすれちがい。しかし、「君の名は」とは別世界(古いなぁ)。
要するに、青豆と天吾がどうなるか…そういう恋愛ものではないと思いながら読んでいるのだが。

この世とは別のもう1つの、つまり同時存在の2つの世界を創造することのむずかしさ、などと片付けてはいけないと思う。それでも読ませる、読まされるからおもしろいのである。

丁寧な書き方で読みやすい文章。3年間毎日書いていたというが、その効果が分かる描写(売文作家の書きなぐりとちがう)。風俗、服装、料理、ちょっとした文、想像したことなど…その巧みさ。さりげないのですいすい読んでしまうが、読み直す価値があるくらい。五木のカッコつけより私は好き。
セックスシーンはあっさりリアル、とでも言おうか。上手い。現代的―これを言っちゃあ…。
まだ読み終わっていないので、この辺りでひとまず…。

○読者のお便り
*:わっ! すごっ! きれいっ!さすが ですね ミズバショウ うっとり ホント きれいですね。空気まで感じてしまいました サイクリング 温泉 ミズバショウ…
*不思議なことに乗り越しのときは、その瞬間、目が覚める。しかし、結局間に合わず、口惜しい思いをするものですね。大沼通信ありがとう存じました。
*駒ケ岳安全祈願祭。まさにいい季節の訪れの開幕ですね。水芭蕉等々、季節の訪れの主役ですね。一段とうれしい出会いでしょう。お元気でお過ごしください。
*今回もまた楽しいお便り、ありがとうございました。水芭蕉の写真きれいでした。
                                                    おわり

                          大沼通信 2012-05-07へ