12-05-07(2012年 第27号)
○夢
「好景気にわく札幌すすき野ゼロ番地。カスタネットに踊り狂う巨乳に興奮する客がその源である。
巨乳の主はなんと86歳の男性。前立腺ガンの治療のため服用した女性ホルモンがその原因である。
蕎麦屋の2階で踊っていたのが○○興業の目にとまり、晴の舞台へと抜擢された。「○○情報紙」より。

この夢の原因。それは阿部さんの「大沼通信」の写真でした。5月13日、お待ちしてます。タンポポの花のジャム試作に成功。花のテンプラ、葉のおひたし、毎日が楽しいです」。志麻木亭さっ平
○五稜郭公園の桜   5/6
温泉仲間とのランチのあと連れて行ってもらい、少し散歩。わたしは花見はあまり好きではない。写真も気の進まない写り方をしている。ケータイの手振れともいうが。しかし、きれい。満開の桜の木の下で、何か思う…
   

             
 ○「1Q84」のその後  第3回
3冊目が終り、4冊目。半分というところ。このところわたしはすっかり少年になって、少年のときの感性で、当時の冒険・活劇・探偵小説を読んでいる。少年探偵団であり、ルパンであり、乱歩・ルブラン、そして山中峯太郎、高垣眸である(スーパーヒロインはいなかったか)。ハラハラ、ドキドキ。

たとえば、用意万端、水も漏らさぬ計画でスーパーヒロインがリーダーと呼ばれる教祖を殺しに行く。果たして成功したか、これは読んでのお楽しみ、というべきだろう。

物語はまるで万華鏡のよう。しかし、どこかで破綻するのではないかというおそれと興味の両方を抱きながら読み進めている。ポストイットを貼りつけ、パソコンで少しばかりメモを取りながら。
一方に、荒唐無稽という評もあるだろうと想像できる。いつの世にも、どんな小説にも、見事な批評が付きものだとわかっている。縁のない人もいるもの。

それにしても、いよいよというか、そろそろというか、3(Book 2の前編)の終りの辺り、意味が分らない会話になっている。空気さなぎとは何か、リトル・ピープルとは何か、月が2つあるとはどういう意味か、いまだに分らない仕組みになっている。

こんなに広げてしまっていいのだろうか。収束できるのか、ラストは大団円になるのだろうけど、そうなってもらいたいけど。
バラバラに進んできた青豆ストーリーと天吾世界は、どう接触し同じ線路を行くことになるのだろう。なるほど、これじゃあ長くなりそうだ。

この辺で少し頭を冷やそう。1Q84年と1984年はちがうという。4冊目は「時間性」とかいうものに入る。難しいかもしれない。

                         大沼通信12-05-03へ