12-05-03(2012年 第26号)
○大沼湖畔の平和記念燈再建

 ある人の日記に「大正八年七月一日天皇陛下独逸トノ講和条約成立ニ付今日代々木練兵場ニテ観兵式ヲ挙ケタマフ。東京市ニテ催フス講和祝賀会ニ帝国ホテルニ赴ク。」とある。
       
          

    大正八年七月戦勝列国祝賀当日建之
           川口捨次郎


この燈は、大沼湖畔のレストラン・喫茶「リバージュ」の当主が昨年11月に再建したもの。知る人はまだ少ない。

第一次大戦後のパリ講和会議では、日本は列強の一国として臨み、直後の講和条約でヴェルサイユ体制ができ上がった。平和原則を基調とする国際秩序も成立し、恒久平和への機運が高まった時機といえよう。
この燈は早いときの「平和記念燈」である。
また、銘文に「戦勝」とあるのも、当時のそういう機運の現われの一つであろう。

燈は1993(平成5)年7月の北海道南西沖地震(奥尻島地震)で倒壊したので、「リバージュ」の当主が私財を投じて再建した。地震からの復興でもある。
レストランに近い湖月橋を渡るとすぐの右に立っている。ひっそりとある。

○サイクリング  4th   5/2
開花と満開が同日だなんて、冗談みたいなホントの話(5/2 旭川)。函館の開花宣言も5月2日。
大沼湖畔は水芭蕉がまだ見られる。桜はまだ。
木々の幹が艶っぽくなってきた。艶の色がはっきりしてきた。
木々の小枝がすべて張り切って勢いがついてきた。
木々の枝先すべてに新芽がついている。つぶつぶというか、ごつごつというか、豪華さの前触れ。
路傍の蕗の葉の照り。緑の輝き。
リスの素早い動き。

○「1Q84」のその後
ちょっとずつ読んでいる。文庫版6冊中の2冊目に入ったところ。おもしろい。
本名青豆というスーパーレディがヒロイン。同時並行のもう一方の主人公は天吾青年。
青豆は、どうしようもない「悪人」である環の夫を完全犯罪で制裁する―殺人場面はまだ1つだが、既に3人殺している―。日常はカッコいい。女警察官と友だちになり、2人連れの男を引っ掛け、4人で激しいセックス。翌朝、肛門に違和感を覚える、とくるから笑える。自炊し旨いものを食べ、レストランではいいワインを飲む。

天吾はディスレクシア=読字障害のエリが送ってきた小説の書き直し・代作が終り、悪企み編集者がそれで文学新人賞受賞を狙っている。その間のエリと天吾2人の生い立ち説明が複雑でおもしろい。月が2つ出たり、リトル・ピープルが出てきそうでソワソワ。奇想天外なストーリー展開に引きずられ、つい夢中に。ぞくぞくわくわく。3、4冊目も注文済み。

○おもしろくないのが永田町界隈と原発再稼動派の目先欲地帯
国会議員(政治屋が大部分)と国民(普通の《心ある》生活者・庶民)との間の乖離が大きくなってきた感じ。世論調査結果も少し変わってきた感じ。国会と合わない。議事堂の中の争いにそっぽの国民。良くない傾向、当然の傾向。いや、いい傾向。

「現実の世の中が―自分の立場からみて―どんなに愚かであり、卑俗であっても、断じて挫けない人間。どんな事態に直面しても「それにもかかわらず!」と言い切る自信のある人間。そういう人間だけが政治への《天職》を持つ。」マックス・ヴェーバー「職業としての政治」末尾の文。
数多度引用されているだろうが、いまだにピンとこない。日本国には合わないか。

○狂歌でもつくってストレス解放
いま「東京」がおもしろい都知事でなく「新聞」論調             社説もコラム「筆洗」も 
柔道はスポーツでない喧嘩術やるなやらすな見るな見せるな      必修にして大怪我増える
バス・大小軽ほかクルマはみな凶器未必の殺人日本の不思議     やりきれない

試みに、東京新聞の最近の社説のタイトルを列挙してみよう。
週のはじめに考える それでも原子力か   (4月30日)
追加金融緩和 小出しでは効果がない    (4月29日)
旅館の格付け 外国人、いらっしゃい    (4月29日)
講和条約発効60年 終わらぬ「アメリカ世」(4月28日)
小沢元代表無罪 許せぬ検察の市民誤導   (4月27日)
政争よりも政策実現を           (4月27日)
再生エネ価格 ポスト原発の先駆者に    (4月26日)
敦賀の活断層 全原発で見直すべきだ    (4月26日)

コラム「筆洗」も痛快な筆捌きで他紙を圧倒している。つまり、他紙があいまいでへっぴり腰ということ。

○「丸の内朝飯会」長老がヘルニア手術
癌ではなく、こちらは私が去年やったと同じヘルニア。通常の1泊コースで退院されたが、氏は「丸の内朝飯会」に何年間にも亘って連続皆勤賞を受賞している方。曜日の関係で今年は欠席1回というわけ。

                                                       おわり          

                       大沼通信 12-04-28へ