大 沼 通 信   

   2012-04-28(2012年 第25号)                           
          




   水芭蕉が見ごろを迎えました





          
○サイクリング 2nd.   4/28
いま、春。これから、春。
落葉樹林に緑はまだない。楢にまつわる蔦は緑だが、楢本体はまだ冬姿。
ヒバリの次はウグイス。トンビが枝に止まって鳴いていた。
キャンプ場にテント。10数張。GW前半とか。
ゆっくりゆっくり、汗もかかずに大沼湖ひと回り。
明日は湖畔のごみ拾いの日。

○昼からワイン  4/27
ある事で弁護士さんを紹介し、処置が済んだので、そのお礼ということでご馳走になってしまった。割り勘のランチ会のつもりだったのに散財をかけてしまった。
函館山中腹の教会群のすぐ上の、眺めが良く、そして料理が美味しいと評判のレストランでコース料理を楽しんだ。よく飲みよく食べた。
温泉まで送ってもらい、露天風呂で温まり、上がってしばらく昼寝。そのため時間が足りなくなり、例の立ち飲み屋さんでは缶ビールのレギュラーサイズ1本。
夜になっても腹が空かず、早々に、なんと8時30分に寝てしまった。

○ リブリ 4月例会  4/26
「3.11 複合被災」外岡秀俊著(岩波新書)。 
この大震災は、コトがあまりにも大きく、また、現在進行形なので、「現実」はこの本からはみ出てしまう。よくまとまっており、後々のいい概要・参考書には違いないが―著者もそう断っている―、おしゃべりは殆ど本書を離れて続けられた。それでいいと思った。まとめも必要ない。まとまらなくていい。自分で考え、できることをしよう、その中から道を見つけよう、というようなことになった。

私たち庶民は、いい目といい頭を持っている。そこから世の中を動かす力をどう鍛えるか。もう、簡単にはごまかされないぞ、いい方向に梶を切ろう、切らせよう、というところまで行った。
金の欲が強く、倫理を失くした経済構造も見えた。いまの政治は軽蔑され、批判対象にもならないほど。せめて、松下政経塾でなく、新松下村塾を作って志士を育てなくては、などという余裕の意見もあった。

世界史ブームと言うが、大震災も世界史の中に位置づけしなくちゃ、以前と違う社会を作るための思想を持たなくちゃ。文明・文化を踏まえて幅広く考え、その思想を文学的に語る必要もあるらしい、と内山節の新書「文明の災禍」を紹介したりした。その本を買いたいといったメンバーもいた。

橋下市長のことも話題に。ファシズムやナチズムのこと。ドイツのエネ政策方向転換のことから、国家として戦後反省したこと。それに引きかえ、日本の戦後処理の拙さ、無責任さはどうだ、そしてこの原発災害の責任については、「論」さえ見えない、ということも。

大橋会員の読書メモが主役のように読まれた。すごい、さすが、という声。

和子さんの絵本朗読は「ちいさな島」

リブリは5月で99回、6月は100回目。1つの節目。それからどうしよう。形や方法を変えて続けるか、解散することも視野に入れて相談しようという話しになった。

○乗り過ごし  4/24
久しぶりに列車乗り越し。目を開けたら大沼公園駅を出るところ。10秒早ければでタクシー代2千円が助かったのに。
「1Q84」を読んでいて、やや夢中になったので、ひと休みのつもりで目をつぶったら、たちまち寝入ってしまったのであった。
クリニックに行き、どこにも寄らず、定期検診代と薬代と交通費だけで済まそうとしたのに。ま、タクシー代も交通費ではあるが!!

○バーバラ・ボニーのシューベルトの歌曲
定期健診は日によって、長く待たされたり早く済んだりする。今回は余裕があったので、図書館に寄ってCDを借りてきた。少し前、FMでバーバラ・ボニーの「岩の上の羊飼い」を聴いてうっとりしたので、聴き直し,聴き足し。ありがたく、うれしくなる。生の声はすーっと幸せな気分に浸れることがある。
ほかにも4枚借りてきたので、やたらに聴いているところ。シューベルトの歌曲がこれほどにもいいことにはじめて気がついたと言っていい。

○肺がんと前立腺がん  4/26記 
友人から、肺がんと診察されたという知らせ。前立腺がんが新たな段階に入ったという人も。がんはほかにもいろいろ。
私は22日のバル街で飲みすぎ、翌日から今日26日まで赤いオシッコ。腎臓が疲れたよう。もう殆ど白に戻ったので、明日のランチ会では飲むつもり。  
                                                   おわり

                        大沼通信 2012-04-23へ