12-04-23(2012年 第24号)
○水芭蕉  4/21
水芭蕉がそろそろというところだろうか。あと数日でほんとうの見頃を迎えそう。

待ちきれずというか、観光客にぜひ見せたい気持ちからか、隠された群生地に一夜限りのライトアップイベントがあった。それを見に行った。ホテルの宿泊客がバスと徒歩で案内されてきた。その数100名ほどか。木道を歩き、その先のほうで、まだ若い水芭蕉を見、写真を撮ったりしていた。はじめての人は幻想的と言っていた。
まだ冬木のままの木々の間から青い空と煌く星が見えた。まだ寒い夜だった。
翌日、サイクリングの途中で別のところの水芭蕉をみた。やはり数日は早い感じ。それでも、車と人がいて、春を実感させてくれた。

○サイクリング  4/22
サイクリングを始めた。落葉樹林に緑は一葉もない。路肩には残雪。湖面を渡ってくるのは寒風。ジャンパーに手袋の格好。
ジョギングのひととマラソン練習のひとが走っていた。
1時間で湖畔1周。初めてなので5分か10分遅かった。戻ってシャワーと洗濯。弁当を作り、また自転車でパソコン部屋へ。
サイクリングは、毎日はできないだろうが、それでも、これらが春からの生活パターン、といったらオーバーか。

○バル街  4/22
第17回の「バル街」へ行って飲んできた。
祐鮨で鮨3貫、花かるたでおでんとソーメン、センティーレでサラダなど3品、五島軒(2階大広間開放)とTUTU(ライヴ)は何を食べたか忘れた。ずいぶん飲んだ。機嫌よく飲んだ。友人・知人10数人と会った。はじめての人ともしゃべった。1組は名古屋から来たと言った。
JRの最終で帰宅する途中から記憶喪失。車中で友人たちとしゃべったかどうかも覚えていない。

  フラメンコと楽団演奏↑↓
○本を捨てた
  4/23
資源ごみ回収は月2回。10数冊ずつ紐で十文字に縛って出す。500〜600冊ぐらいだったか。まだまだ残っている。縛るのが一仕事。
○1Q84 book1   4/23
読んだのはまだ130ページほど。美女が人を殺したり、予備校講師と編集者が組んで文学賞受賞を企み、女子高生の作品を書き直したりと、はじめから、なかなか読ませるわいと思っているところ。        おわり  

                       大沼通信12-04-20へ