12-04-20(2012年 第23号)
○金子鴎亭   「鴎亭の眼・鴎亭のこころ―書と陶と画と〜響き合う美の世界〜」展
                                     
北海道立函館美術館  4/17

最近の夢に「書」が出てきたからだろうか、好きな鴎亭の書に感動した。

6年前の「生誕100年記念」で見た時より衝撃的だった。

各所に見られる創意と安定した新鮮さと堂々たる配置、とでもいうもの。唸るほどだった。

気に入った書の前では、なぞって書く真似をした。とても思いつかない「創意」に圧倒された。
そういういい書が沢山あった。

同時に展示された陶芸品にも惚れ惚れするものが多く、唐三彩や宋、李朝のものや多種類の水滴など、よだれが出るものがいっぱいあった。

氏の言葉―「藝術をやる者は書を含め、多角的にいろいろな姉妹芸術を生かす必要がある。結局、書の真髄が判ってくれば、少し踏み込んでみれば、陶器の世界でも絵画でも自然と判るようになる。それを踏み止まって、書の世界だけにいるのは勿体ない」。

 ← 常設展示のところで木村訓丈氏の大作2点を懐かしんだ。
いまも思うのだが、惜しい人が亡くなったものである。

いい展覧会だった。しかも、65歳以上は無料。そのうえ、私のような70歳以上の函館市民は往復の市電が半額。

○1Q84の文庫本 
はずかしながら、私は村上春樹の本を読んだことがない。いつだったか、「ノルウェーの森」の解説みたいなものを目にしたら、大学生活云々とあったので、いま、大学生の出てくる小説を読む気はないと、また、ベストセラーと言われているが、若者の人気小説かと、あっさり捨ててそのまま。
しかしまぁ、死ぬまでに1作くらい読んでみようかと、文庫化を機に最初の2冊を買い、50ページばかり読んだところ。
買ってから気がついたのだが、全6冊というのでびっくり、半ば失敗の心。
読み通せるかも自信はないが、始まりは読みやすいので、しばらくはついて行くつもり。    おわり

                               大沼通信12-04-20(22号)へ