12-04-20(2012年 第22号)   

            

大出哲先生からファックス…

2万年後の乙女座を計算すると、胴体、羽根、穂がバラバラになるそうである。上の絵の右上のスピカ(1等星)が「穂」、右下が胴体、左が羽根(位置関係は、阿部がでたらめに貼りつけたもの)を表わす。

ちなみに、5万年後の北斗七星を計算すると、「酒」をためるマスはこわれ、板が折れるそうである。

大出哲先生いわく。「今の美しい星空と語れて幸せだと思う」。

大沼通信第16号(3/26)で、星や星空の詩人・野尻抱影に触れたので、2万年後、5万年後の星について、「乙女座」のイラストとともに、ご専門のラテン語で、「Miserere nostri,Domine,miserere nostri!」(主よ我らをあわれみたまえ!)と書いてくださったのである。

ところで、ちっぽけな星のひとつ、地球では―
「放射能が安全なレベルに下がるのに要するのは10万年とされる。これほど危険で厄介な核のごみについてどう考えるべきか」「千年程度なら、歴史を振り返ることである程度の実証的な議論はできますが、10万年は、科学的に安全を保障することは不可能」という(「核のごみ管理」多摩大大学院教授 田坂広志氏 4/11 朝日)。

美しい星空と放射能ごみの「万年」単位の変わり方…いまは大きなことを考えるときかもしれない。

                                                      おわり

                        大沼通信2012-04-15へ