12-04-15(2012年 第21号)
○読者の便り    「金子兜太 日銀時代の思い出」について
●「…金子兜太氏と小生との縁は、同氏復員後、国庫局へ復帰、同局に勤務していたことから。仕事の面、私的な面で何かと交流し、組合活動なども共にした経緯あり……親しい間柄。
阿部さんの『〜の思い出』誌の随所から当時のことが改めて懐かしく思い出されました。にちぎん誌の退職者の言葉欄に載った『日銀之俳諧』の一行は、今も鮮明に記憶があり、同誌も保存。人間兜太氏は『豪胆にして繊細』、その生き様は、我等にどれだけ勇気を与えられ、鼓舞されたことか!
氏の署名入りの著書や句集を阿部さんのお世話で数冊か入手したほか、氏に対する評論の書籍など買い求めたものが手元にあり。
また、氏の送別会を『金子兜太をダシにする親睦会と』と銘打ち、学士会館で盛会だったことが昨日のことのように甦ってきて、感慨深く、阿部さんら世話役諸氏の裏話を知り、ご苦労ぶりに、あの日出席した一人として、感謝の念新た。
とにかく、兜太氏のファンがあれ程沢山参集したことは、兜太氏の人柄の大きさを物語る以外の何ものでもなく、もう40年近い歳月が流れたんだなーと。
近年では旧友会の講演会に招かれた兜太氏の謦咳に接したのが何年ぶりのことだったか、日銀本店で久しぶりの再会。
原稿なしで1時間半、ぴったり『一茶』の生涯を見事に語り了えたのには唯々感服。高齢にして、その記憶力の慥かさ。それに引きかえ小生の脳力の退化(較べるべくもないが…)。
最後に阿部さんの傘寿のお祝いの印まで、拙作の"掌中の器"2点を贈らせていただきます(染付けと青磁黒)。一器三用のことば通り、酒呑み、湯呑み、小鉢などとしてご愛用下されば幸いです。
相変わらず遊陶(粘土遊び)で元気をもらっています。4月下旬に地元開催のグループの作陶展に出品を予定していて(本日付20号に掲載)、友人、知人が楽しみにしてくれています。以下略」 新藤敏雄

●この度は 「金子兜太 日銀時代の思い出」を早速お送りいただき、ありがとうございます。…本書に出てくる懐かしい方々(8氏。名前省略)とは格別の思い出があり、貴兄の克明な記録により、当時のことを色々と思い出しています。兜太氏をはじめとする貴兄の人脈の広さ・長さに改めて感服し、その積み重ねの結果としての現在のご活躍ぶりは、むべなるかなと納得している次第です。日銀庶民論も、なんとかかたちになることを期待しています。…『俳句専念』を読み始めたところです。俳句論のほうは門外漢ですが、『産土』には共感があります。以下略」 桑原靖友

●阿部さんの好奇心と行動力を見習って、と思うばかりで、1日1日衰えて行くばかり。それでも1人で暮すのは自由わがままが欲しいから。今日は月1回のかかり付けの医院に電動車で行き、薬を山のようにもらい、気にしていたことを1つクリアし、少し心が軽くなっているところ。ソファから山桜を眺めて自身を慰めています。店先で野ゼリ、ワサビの茎を見つけ求め、さっと茹で、ポリ袋の中に入れ、すりこぎで叩いてから小さく刻み、醤油、削り節で味を調え、ビールの友に…。
明日あたり、電動車で城山城址公園(延岡市。阿部注)に花見に行くつもりです。いつも最後かと思うこの頃です。
何年分かの通信費=切手を、ほんのお礼の意味で同封します。気を悪くせず、今後のお役に役立ててくださいませ。また心を元気にしてくれるお便りをお待ちしております。3月28日午後4時少し前、静寂のひとときです」。

○フルトヴェングラーのベートーヴェン
ときどきというか、たまにと言うか、古い録音の「フルベンのベト」たちを聴く。そして聴くたびに、たいしたものだ、すばらしい、これぞベートーヴェンと思う。そして、そのことをもう少し「うまく」言えないかと考える。それが延び延びになっている。たとえば、ここにベトのベトがあるとか、フルベンがベトに成り代わってあるとか、ベトが生き返るとか、その程度の形容に過ぎないが、ともかく毎回、他の指揮者とは異なるベトものの、最良と言いたい演奏を聴くことになるのである。
これからも宿題として残しておこう。もう少しマシな表現ができたらまた書かせてもらうこととする。それだけ。

                                                        おわり

                               大沼通信12-14-15(第20号)へ