待ち遠しい春     1部融けたがまだ氷の残る大沼         撮影: 2012-04-14・15 
                        12-04-15(2012年 第20号)
 
 駒ケ岳・大沼・小沼安全祈願祭
                2012-04-15

大部分の方は車で、1部の方は仕立てられたマイクロバスで参集。
70人か80人はいたろうか。

10時30分から祝詞が読まれ、玉ぐしが奉納され、お偉方の参拝が続いた。

駒ケ岳神社へ向かう前に、高瀬さんの車で水芭蕉の群生地へ連れて行ってもらった。
湿地にはまだ雪の塊り。  




 儀式が終わったあとは高橋庭園へ案内してもらった。
 福寿草などは咲いていたが、1週間早いと言われた。                                                

○日銀OBの陶芸作品   →
金子兜太と一時職場が一緒だった新藤敏雄氏の茶碗。「第6回陶萌会作陶展」に出品予定の近作。鎌倉生涯学習センター市民ギャラリー。4/24~29。
ほかに水指、陶板、掛花入など。
年季が入っている。私はぐい飲みを2個いただいた。仐寿祝。ありがたい。いまこれで日本酒を楽しんでいるところ。

○原発廃止は橋下市長で…!?
ドイツ緑の党原子力政策のスポークスパーソンへのインタビュー記事の中に、こうある。
「…日本においては『「事実上の脱原発』」という状況が、福井の大飯原発の再稼動が実現しなかった場合には、実現することになるでしょう。」(「脱原発への政策転換は日本で可能か」「世界」12/3月号)
再稼動は実現するようである。はずれ! 残念!

「野田政権は『脱原発』の方針を掲げているが、その姿勢が見えにくくなっている。それが再稼動議論を一層混乱させている。」
(朝日4/14)
正確かもしれないが、煮え切らない言い方だねぇ。

橋下大阪市長は「(再稼動は)絶対に許してはいけない。民主党政権は国民をばかにしている。次の選挙で民主党政権は代わってもらう」(道新 4/14)
民主党は原発推進党だったか、とうとうここまでだめになったか。不思議な感じ。
橋下市長バッシングはどうなったのか。あっちもこっちもおかしくなってきた、おもしれぇ、おもしろくねぇ。

大沼通信 12-04-12へ