12-04-12(2012年 第19号)
○志麻木亭さっ平落語独演会     4/8   そば処  札幌八軒・志麻木庵
      

演しものは「八五郎出世」。今回も八五郎は殿様の前でいろいろな歌を披露。子守唄から大漁唄いこみまで。オチは大漁節の自作の長い歌詞の最後を使って独自の「赤褌」となり、大喝采。お元気である。

出囃子の太鼓はいいとして、法螺貝を吹くのはタイヘンなので、どうかと思ったが、せっかく東京から田中真知子さんさんが来てくれたので、といって吹き、はじめはなかなか音が続かなかったが、ついに大きく長く響かせ、驚きと拍手。

ひと休みしてからタクシーで「ライズ音楽院円山教室」へ向かった。みんなでピアノの公開練習を聴くためだった。落語を聞いた女性3人と大出先生と私との5人だけでは、落語同様もったいなかったのだが…。

   

プログラムは、ベートーヴェンのいわゆる3大ピアノソナタ「悲愴」「月光」「熱情」。
田中真知子さんさんにとってはなじみのない、はじめて鍵盤に触れるピアノだから、まずは指の練習といって、モーツアルトのピアノソナタk.545から入った。そして、2番目と3番目の間に若干の休憩をしただけで、ほぼ連続して3曲を聴かせてもらった。プロでもなかなか弾かない一挙演奏。少ないながら盛大な拍手。

このように近くでじかにピアノを聴くのは久しぶりという人、はじめてという人、ベートーヴェンがまた好きになったという人、いい音だという人。大出先生は、いろいろな意味をこめてであろうが、「不思議だ」と繰り返していた。

あとで彼女は、なんであんなところで間違えたんだろう、いつもは上手くいってるのに口惜しい、もう1回弾きたいわと言った。演奏会とはそういうものだと思った。

○京城屋とビッグジョッキとバー・キャラベル
夜は札幌恒例のコース。
焼肉は毎回注文も同じだし(マメ・コブクロ・上ホルモン)、飲む量も決まっていてなんともおかしい(ジョッキ3、濁り酒1)。

翌夜は黒生飲み放題コース。ピアニストと、札幌のガ・フレが彼氏を連れてきたので、4人で飲み食い。制限時間になったので、席を替え、旨いウィスキーを飲んだ。

ビッグジョッキに先に着いたガ・フレが、予約してあるかと思って店員に聞いたら、「ヒゲ…?」といったという。ヒゲの爺で通っているらしい。フライドポテトを頼んだら、タバスコを添えて持ってきたから、引継ぎもできていた。
同じグランドホテルのバーで飲む「竹鶴 17」はやはり旨い。ニューボトルをキープ。私としては贅沢。

○近眼メガネ
この齢になってメガネを常用することになった。遠・近2つのメガネを作った(既報)。
札幌で遠用メガネの予備を拵えた。洒落たフレームでも、と思っていたら、ごく安いチェーン店があり、レンズの在庫があったので、その場で買うことができた。乱視もあるのに同じレンズが在庫されているのに感心。しかもそのため値段もフレームだけで済んだ。なんと、5250円で一式調達。ウィスキーキープ分がまかなえた―飲兵衛!!
                                                    おわり

                              大沼通信12-04-04へ