12-04-04(2012年 第18号) 今日も1時大雪
                                      大沼の鷺 最近ふえてきたという 3/31 撮影:高瀬宣夫 
今朝方の夢  4/4
 何人かで海辺で遊んでいる。私もその1人。波が高い。体のまわりの飛沫が白い。泡の大小が見分けられる。波が来ると立ったまま身をよじる女。そのキャッキャの声。私を含め、みんな二十代。
 次は、水着のまま地下道を歩いている場面。全員裸足で歩いている。暗くはない。どこからか光が入ってくる。床は幅の広いベニヤ板らしい。上り下りがあり、カーブがある。そこへもっと明るい光が入ってきた。ガラス繊維の大きい障子の向こう側が光源のようである。間接照明の暖かい明るさ。地下道の出口が近いのかと思ったら、1人が「あ、蕎麦屋の木庵だ」と声を出した。
 衝立を回り、中に入り、テーブル席を作ってもらう。5人席だと言っているから、グループが5人であることが分かる。椅子を1人分を足すのだが、その椅子だけ、いやに大きい籐椅子で、それを店員が高く持ち上げて移動させた。
 場面が代わり、私が散歩から帰ってくる。正面の門からでなく、横手の木戸から入って、そのくせ勝手口には行かず、玄関から入る。昔住んでいた中野区白鷺の舎宅のようだが、なぜか○○子の実家らしい。母上は現れなかったが、娘の○○子が見える。そこへ2人の青年が現われ、「もう、眠くて、眠くて」と言い、1人は「おやすみなさい」と声を出し、2人とも奥へ下がろうとする。私が「分かってる、分かってる、悪いなぁ」と言いながら、「○○くんを呼んでくれ」と頼む。海辺で遊んだ疲れということを知っている。
 間もなくその彼がニコニコと、いかにもうれしそうに現われた。私が「ふた文字、書いてもらいたいんだけどねえ」と頼む。と、○○子が「あら、書く道具、あるかしら」とそこにあった机の辺りを捜すと、小学生が使うような硯が出てきた。竹の簾のような、あれ、何というのか、それを巻き戻すと、筆が現れた。墨もあった。書くために廊下に出た。みんな眠そうな顔をしながらも寄ってくる。書家○○はそこでもニコニコしながら書く準備に入る。
 廊下に腰を下ろし、段ボール箱を縦や横に伸ばしたり曲げたり、力を入れ、なめすように柔らかくしている。粘土細工でもしているような仕草。それが済むと、粘土板紙を平らに置き、その上に模様入りの手ぬぐいを敷き、そこに半紙を乗せた。筆を下ろしながら、彼は「墨の色がちょっとなあ…」という。見るとやや灰色がかっていたが、構わず、私が「玲瓏の2字にした。はじめは『水俣 不正を正す』としたかったんだが、長すぎるんでね」という。
 私は頭の中で、玲瓏の人は誰だろうと考えている。六条御息所ではないか、いや、ちょっと痩せすぎかな、明石の君かな、しかし、肉付きはいいが白すぎて「玲瓏」ではないな、紫の上は残念なことに肌がよくない、などと思っている。じつは昔、新宿の、ロックダンスとでも言ったか、若者たちが狭いフロアで踊り狂っているとき、舞台横の、独立した台の上で1人、小さい動きをしている二十歳前の外国の女の、動く銅像のような「玲瓏」を思い描いているのである。光線の具合もあったろうが、あれほどにも滑らかできれいな肌は見たことがない。それが夢に出てきた。
 また場面が変わり、青白い痩せた男がいる。布団の中から仰向きに私を見上げ、何かを訴えている。いまにも死にそうな感じである。で、近寄って抱き起こし、いきなり彼の全身を、粘土をこねるように、屈めたり反らしたりするのであった。すると、○○くんは、みるみる全身に赤みが増し、肉がつき、金太郎のような、いかにも健康そうな赤ん坊になって生き返った。 

 そこで覚めた。3時だった。ラジオをつけた。松任谷由美の歌が聞こえた。と、中断され、気象情報が割り込んだ。北海道の各地に暴風雪警報発令とか。留萌とか増毛とか初山別とか、とても日本語とは思えない地名が出てきた。
 ひとの
夢の話は、サギとはちがいますが、興味のない方もいますよね…興味のある方もいるンです…。

○爆弾低気圧という言葉を知った。各地で大荒れだったが、大沼は何事もなかったよう。しかし、いま、4日夕刻、風が強まってきた。昼前後は大雪だった。

○4月4日のぞろ目の次のぞろ目!?5月5日は「原発ゼロの日」とか。泊が止まる日。
そのままずっと続くといいが…何しろ「ゴミ処理」で、殆ど永久に大金がかかるというから、日本国大借金とともに、若者へのつけまわしの上塗りにもなるし。
○原発による災害ってえヤツは、たまたま今日の新聞だけを取り上げても次のようになるンである。
「…壊れた原子炉では遺伝子を損なう毒水が増え続けている。それは神の仕業ではない…」(卓上四季)
以下は見出しだけ。
「ワカサギが新基準値超え 群馬・赤城大沼」
「MOX工場建設を再開 日本原燃」
「東電、夏の賞与見送りへ 料金引き上げで検討」(4/4 道新)
「被災地予算 進む二極化 福島12市町村 除染計画の有無影響」(わかりにくい。無理なまとめ)
「『原発ゼロの夏、対策悩む企業』『早期に備蓄生産』 工場移転加速も」(少しむずかしい)
「東電役員平均報酬 事故後も年1500万円」(4/4 朝日)
「福島第1 窒素封入一時停止」
「東通はポンプ停止 燃料プール冷却」
「福島に帰還不能区域 政府、原発周辺で検討」
「暫定安全基準週内に策定へ 大飯再稼動」(4/4 道新 夕刊)

○今月もまた札幌へ落語を聞きに行ってきます。
                                                  おわり

                          大沼通信 12-03-29へ