大沼が融け始めています。水面が雪原に向かっています。   撮影:高瀬宣夫     2012-03-29
          12-03-29(2012年 第17号)  
                                                4月1日は吹雪くそうです
○パスポート、使うことあるだろうか?   3/27
期限切れ2日前に気がついた。慌てた。たまたま函館で昼食することになっていて、ガ・フレ2人が五稜郭駅に迎えにきてくれたので、継続パスポートの申請書用紙をもらっておいて、翌日にでも出直そうと思ったら、渡島支庁の担当窓口で、早々に、記入には訂正の利かない個所があるから、ここで書いてくださいと言われ、写真はコンビニの奥に機械があるなどと教えてくれた。で、あれよあれよとその場で申請することになった。2人に待ってもらい、簡単に申請は済んだ。4月10日を過ぎれば受け取れるという。期間5年のもの。

この先、使うことはあるだろうか。たとえば、メガネの新調に75000円もかかると書いたら、友人が、韓国へ行けば往復運賃コミでおつりがくるという。じゃぁ、予備のメガネは韓国で、とも考えられる。

もう少しお金があればローマかパリに1ヵ月ほど滞在したいとは思う。しかし、さっぱりお金がたまらないのだ。どなたか100万円ばかり、くださいませんかねぇ。アホ!?
客死の可能性は残っているから、有り金を全部もって片道チケットで行ってしまう手はある。しかし、相当な覚悟がいるし、他言することではない。

これまでパスポートの写真が気に食わなかった。写真師がやたらにああしろこうしろというので腹が立ってきて、その不機嫌な顔を写された。今回は機械仕掛け。自分でハイポーズ。文句の言えない写真。  

○バチカンの神父さん
ローマで知り合ったバチカンの神父さんが来日するというメールが入った。1ヵ月ぐらい滞在されるのだが、宿所が東京世田谷区上野毛の修道院なので、会いにいけない。残念。
氏は、80余才の日本女性が、スーツケースを曳いてローマに来たから、あなたも大丈夫と言ってくれたが、自信はない。
ついでにばらすと、直行の往復運賃5万円というチケットがあったという。それなら私も…?!

○ケセン語でイエスの言葉を
この13号で「イエスの言葉 ケセン語訳」を紹介したら、長年のクリスチャンである友人が読み、やはり目からウロコだという。わざわざ電話をかけてきてくれた。

著者は独学でギリシャ語を勉強し、ギリシャ語辞典などでも詳しく調べているから信用できる。だから、「聖書独特の訳語というものをわたしはあまり信用しません。それは聖書学者という、日本ではごく限られた小さなグループの人々が便宜上考え出した訳語であることが多く、しばしば一般社会には通用しないからです」と痛烈な批判もできるのであろう。
そういえば、イタリア語の聖書は読んだことがない。どうなっているのだろう。

○イタリア料理「コルツ」
パスポート申請でややおそくなったが、3人でコルツのランチを食べた。ABCの最上クラスのCコースをおごってもらってしまった。ほぼ満員。男は私のほかたった1人。美味しかった。だから繁盛。

その日はまた定期健診の日だったので、食後、クリニックまで送ってもらった。ビールとワインの匂いが消えていたかどうかは自分ではわからないもの。
                                                        おわり

                         大沼通信 12-03-26へ