12-03-26(2012年 第16号)
○星 空           
星を見ているとき、自分が小さく思えて好きだ               
星を見ているときの自分が一番小さい
取るに足らないちっぽけな存在と知る。


冥王星は野尻抱影が名付け親とか。2006年に打ち上げられた探査機がいま向かっていて、2015年に近づく予定らしい。氏の「星三百六十五夜 春」の3月31日の項のタイトルは「星盗人」。「花盗人」にかけての短いエッセイだが洒落ている。

野尻抱影のことを、故小池民男(朝日コラムニスト)は、「星空の詩人、学者、そして巡礼者」と言っている。そして、野尻が「『死後もつづく永遠』に、恐怖ではなく、『悠久の喜び』を抱くことができたのは、彼の幸福だ」とも言っている(「時の墓碑銘」 2005-11-4 朝日)。

"死後もつづく永遠"か…。星空はいいなぁ、一つぐらい盗んじゃおうか。なにしろ全人類で分けても一人あたりの星の数は何億だそうだから…小さい小さい。

○世の中にぎやか(続)
「AKB48前田敦子さん卒業へ」、「みんなの歌、初音ミク」(新聞見出し)。この2つも、にぎやかと言えば言えようが、私はどちらもおもしろいと思っているから、うるさくはない。
ただ、前者は過剰生産によってマンネリズムに陥っているから、そろそろ…だろう。卒業生のほか、篠田麻里子や大島優子の動く水着姿が好きだったのだが。
後者はまだわからないが、何か新しさがあるよう。ただ、観衆の騒ぎ方に危ういものを感じる。ライヴ以外でどういう人気があるのかを知らないし。

これらも所詮は一過性の消耗品と言うべきか。いや、時代の生産物で、一定の影響はあったと思う。
特にミクちゃんは、日本ロボット人の親類ではなかろうかと考えている。ロボット時代がひたひたと…。

○おたより
●(小冊子を)…楽しく読ませていただきました。阿部さんの人脈が長く連なって、豊かに伸びて、いまに続いているようです。
「大沼通信」も毎回楽しく拝見しております。読書会で芥川賞のことが話し合われたのを読んで、挑戦する? 若い気分に感心しました。メディアで難解だと評されて、すっかり読む気分も失せていました。

●東京滞在記の充実さに驚嘆しました。写真からも、お仲間との雰囲気が伝わりました。「都心のにぎわいと豪華なハードに比べ、文化面のソフトは相対的に少なく貧弱…」なるほどそうだなぁと思います。「丸の内朝飯会」の役割は不変でしょう。   

●(スピーチのときの)…お写真とても感性溢れるご様子です。(小冊子は)…鋭い観察眼に感じ入りました。高校報道部「つばき会」同窓会も、なんとすばらしいことでしょう。さすがです。昨年5月、ドカーンと急性心不全で入院しましたが生還し、暮れには腰椎骨折で難儀しましたが、2カ月経ち、平常に復帰しました。

●…スナップ写真。知性に加え、人柄がにじみ出、若々しく素敵です。「文は人也」と申しますもの。そして旺盛な探究心。すばらしい人生です。こちら、買物に出なければ、一日中言葉を発することなく、緊張感などサラサラなし。過去を懐かしんでいるのがせいぜいです。この6月で87才か?

●(小冊子を読み)…心から感動しました。金子さまの偉大な心の広さと深さに感動しました。

          調子に乗ってまた自分の写真!?を掲載   撮影:市原 実

                        大沼通信 12-03-25へ