12-03-25(2012年 第15号)   
     ¿¿¿¿¿ 25日16時現在、大雪。朝から降りっぱなし。 ¿¿¿¿¿

○ リブリ  3/22

3月例会は「啄木・ローマ字日記」(岩波文庫)でおしゃべり。6人。
はじめに、皆さんに、啄木は好き嫌いがあると思うけれど、どうか、と聞いたところ、嫌いな人が圧倒的。この本を読んで、ますます嫌いになった人もいたよう。英太さんいわく、阿部さん、なかなかいい勘してますよ、と。
で、じつは私も読まず嫌いだったんだけど、今回あれこれ読んでいくうちに、やはりたいしたものだと思うようになったと話し、それからしばらくは汗をかいた。

私は啄木のキーワードは@日記A短歌B小説下手C貧窮D26才とした。
青春ど真中時代の日記だから、あからさまに、露骨にいろいろ書かれている。明治時代の文学者の位置や世間の文士を見る目なども考慮する必要があった。詳しくは後日、大橋会員の読書メモや私のメモをご覧いただきたい。

啄木の短歌は人口に膾炙し広く読まれているからであろう「ローマ字日記」も2011年11月に重版された。
この本は普通とは逆の、左綴じ右開きで(「アイヌ神謡集」「フランス名詩選」などと同じ)、日本語訳も横組みである。そして前半は啄木独特のローマ字綴り(「国音羅馬字法略解」という表がある)で書かれていて、そのままローマ字で読むのは大ごと。大方は日本語訳を読むことになると思う。桑原武夫の「はしがき」もローマ字だが、解説の漢字ひらがな交じりの普通文も横組み。勝手が違うかもしれないが、最近は新聞にも横組み部分が目立つようになった。
この日記によって啄木像がどう影響するか、これから読む方は、自分とも向かい合うことになるのではないか。

なお、リブリの4月の本は「3.11 複合被災」外岡秀俊著(岩波新書)。例外的に新書を取り上げる。26日にやります。
 
○視力検査と眼鏡新調   3/23
眼鏡が合わなくなったので検査にいったら、近眼だから、そのための眼鏡をかけなさいといわれた。その場で試しの眼鏡をかけたら、びっくりするくらい世の中がよく見えた。うかつだった。検査医師は、殆どはその遠用で間に合い、読み書きのときだけ老眼鏡をかければ済むという。なーんだの感。その他についても検査したが、年齢相応で、とくに悪い病気はないという。帰途、近くの眼鏡屋で遠近2個を注文。75,000余円。そのとき目玉が飛び出た。

○世の中にぎやか
静かな日々を過ごしている。テレビがないから特に静か。しかし、新聞を読むと世の中、けっこうにぎやかな感じがする。
有名人が死んだあと、葬儀だか告別式に参列する人の人数が多いことにおどろく。千人以上のときがある。有名度にもよろうが、えっ、あの人のお葬式に? という風に思ってしまう。新聞の死亡記事も褒めすぎで、関係ないのにくすぐったくなる。礼を尽くすのはいいが、みんな大人物になってしまう書き方はいかがか。

スカイツリー騒ぎも、にぎやかすぎる。子どもなら分かるが、大人がこれほどにも子ども子どもしているとは気がつかなかった。

政治家になって一儲けしようというような向きの事業に人気があるらしく、2千人余が応募したとか。これもにぎやか。まかり間違って当選でもしようものなら、年収2700万円とかいう国会議員サマ。この手の速成の政治家は、政治家になるのが目的だから、政治とは縁がない。いまの民主党議員ほかにもそういうのが散見!?される。政治家になつたらそれで上がり。それから始まるのではない。死に体で大臣になったりしている(みたいな)のもいるから、たまらない。新しい世には新しいファシズム。

○ウィスキー自慢
私がいま飲んでいるウィスキーがこれである。「ニッカ『竹鶴17年』最高賞 同一ブランド 4年連続5回目 英国の国際品評会」 (3/24 道新)
3/14付「大沼通信 第13号」で、旨い、この程度で十分と書いたばかりだが、今年はこの17年ものが最高賞。家でも、いただきものだが、同じ銘柄を味わっている。ますます旨く感じられる!? 4月の札幌行きでもまた、キープしてある、まだ残っている、これをやるつもり。そして、4月の寄席には、落語のあと、ちょっとしたアトラクションがあるはず。

○永井荷風の古本買い
5冊目も古本で注文した。荷風全集の中の1巻が600円台。新本なら5,880円。今度は福岡の書店から届くことになった。いままたなぜ荷風か。それは分からない。
                                                        おわり

                               大沼通信 2012-03-20へ