12-03-20(2012年 14号)   また雪です
○映画「ブリューゲルの動く絵」  シネマ・アイリス  3/19
別用があったので、ついでに、運よく、見ることができた。
ごく単純に感想を言うと、風車が大きくて立派だった。ゴッホにも「モンマルトルの粉引き小屋」があるが、映画は内部の大掛かりな仕組みまで丁寧に写していた。「時よ止まれ」と合図するとゆっくりと止まる。そこからキリストの生きている時代に入るのである。
暴力シーンがいくつかある。その残酷なこと。妥協(加減)がない。最初に磔になった男は十字架の上に何日も曝され、カラスに目玉を突っつかれる。イエスも鞭打ちされたり、広げた両手に釘を打ち付けられる場面がある。

ブリューゲルの絵は、怪・酷・醜・惨・悲などいろいろあって、簡単には言い尽くせないが、ともかく、すげえ。 
一方、この映画に出てくる「当時の」人物たちの服装は何となく温かそうだった。この映画のために全部手縫いで作ったと知って納得。パン売りから買った大型パンを腹の下に当てて戻る主婦は幸せそうだった。暮らしぶりのあれこれ、遊びや音楽も暮らしの中である、と描かれる。

風車が音を立てて動き出す。時は回り、いまになる。イエスは忘れられたかのように、また16世紀「当時の」時代に戻り、同じ暮らしぶりが続く。ときどき洒落た場面にはっとする。よくできた映画。今どきの、遅評?!
     ↓  十字架を担うキリスト
  

 ご参考
 「絵画の中に入り込む不思議!『十字架を担うキリスト』を読み解く   外山香織   ネット検索

また、ブリューゲルの作品には様々な寓意が込められていると言われ、その解釈も多数存在している。特にこの映画で採用しているのは、画家が生きた時代の社会状況、すなわち当時フランドル地方を支配していたスペイン・ハプスブルグによる圧政が、この絵画にも影響を与えているという説だ。そのため、赤い服を身にまとった兵士たちはスペイン兵で、その暴虐をじっと我慢しているのが自国民。劇中では、キリストを処刑するのも、農民を殺して鳥の餌食にするのもスペイン勢と言うわけである。この他にも、残酷な魔女狩りの様子が劇中で描かれるなど、当時の世相が映画の中に多数盛り込まれている。

○ネットで古本
インターネットをネットと略していいものやら…。それはともかく、前13号でも書いたが、文庫本以外は古本で買う方向だが、安ければ文庫本も古本で買うようになった。「永井荷風巡歴」(菅野昭正)と「荷風と東京」(川本三郎)は岩波現代文庫である。後者の「荷風と東京」は、文庫本で上・下あるが、下だけ買って、上は値下がり?!を待っているという買い方。
古書を検索すると、安い順に出てくるから、その中から保存が「よい」となっているものを選ぶ。全国各地の古書店が登録されており、遠近は関係ない。だから、見ず知らずのお店から、しかも数日で届く。最近買った古書店は、愛知県大府市 長野県上田市 札幌市、東京世田谷など。
値段は3円とか28円、送料はなぜか250円。それでも安いから助かっている。
                                                おわり

                              大沼通信 12-03-14へ