12-03-14(2012年 13号)  
○志麻木亭さっ平落語独演会  3/11   札幌八軒 蕎麦処・志麻木庵
3月例会は「ねぎまの殿様」。 
分かりやすい古地図を壁に貼り出し、詳しい説明をしてもらってから聞いた。
お忍びで向島へ花見に出かけた殿様が、湯島の切り通しをすぎ、上野広小路へ出ると、いい匂いが漂ってきたので、その居酒屋(煮売り屋)に立ち寄り、当時は下魚とされていたマグロを食べる話。庶民の居酒屋だから客が歌ったりする。そこでさっ平さんはギッチョン節や真室川音頭を歌ってくれた。「醤油樽をもて」の落ちもきまって拍手。




   

    ポスター                  出囃子は祇園太鼓
  
      古地図の説明                ↑  ほら貝

しいたけパーティ 
終わってから先生の自宅で、また「しいたけパーティ」という美味しいおもてなしをいただいた。
美女2人の参加があり、さっ平さんは大量のしいたけを次々と炒めてくれるのであった。黒胡椒をふんだんに使い、たっぷりのオリーブオイルで。これは幾らでも食べられのである。
京城屋で焼肉
女性にホテルまで送ってもらい、ひと寝してから、のこのことまた狸小路の焼肉・京城屋へ1人で出かけ飲んだ。肉はいつものようにマメとコブクロとホルモン。ビールと濁り酒。そしてなお、グランドホテルのバー・キャラベルでニッカの竹鶴を飲んだ。
ビッグジョッキで黒生
翌日は、旧知の・ガフレが友だちと2人で来てくれたうえ、前日の女性2人も飲める口だというので誘い、5人揃って飲み放題コースで、それぞれたっぷり飲んだ。ビールもハーフ&ハーフとレギュラーの生があり、ワインも赤と白があり、日本酒もあった。私は黒生ばかり5杯。
2人の女性とは昨日知ったばかり、ガ・フレの友だちとは初対面、そして、女性の2人連れ同士もそこで初顔合わせというわけだから、自己紹介に時間がかかった。それぞれが大出先生との関係と、私・阿部との関係を説明するだけでも1つ1つがストーリー。まず、このガ・フレは道新の人気コラム「朝の食卓」の執筆者の1人、と私が説明すると、「うわー、すごい」となり、では、お付き合いのきっかけは? とかとなる。1人が大出先生とは模擬患者同士というと、それって何? となる。そんな調子で進んだ。面白かった。女は3人でも「にぎやか」といわれるのに、4人だから…。
キャラベルでウィスキー
制限時間が来ても話し足りないので、昨夜に続き、バー・キャラベルへ。廊下を進んで1回90度曲がればバーの入り口が見えるから、そこをもう1回90度曲がればもうバー。1分もかからない。
そこでまた楽しいおしゃべり。トイレに出たときバーのマスターに会っら「美人に囲まれて…」とニヤッ。
ボトルキープしてある竹鶴17は旨い。もちろんもっと高級なものもあるが、私はこの程度で十分。
その夜はどちらもおごってもらっちゃった。

○3.11の本など
3.11の翌日だったから、その関連の本を2冊買った。文庫本以外を買うのは珍しい。古本ぐらいか。
「3.11 複合被災」外岡秀俊著 岩波新書 
 T地震と大津波 U原発被災 V再生へ  フリーになった朝日有名記者のルポとまとめ。必読保存本。
「原発はいらない」小出裕章著 幻冬舎ルネッサンス新書 
 著者の発言を編集者が再構成し文章化。中に「非現実的な夢想家」がある。
 氏はひっぱりだこで多忙。似た本が何冊もある。いい本、いい人。
ついでにここに借りた本を。「文明の災禍」内山節著 新潮新書
 供養 衝撃 群集 時間 風土 共有 自由。 群集の章に「バーチャルな時空」がある。
 私は氏のファン。内容も文章も、切れはよくないが、よく考えてくれている。
その他
「イエスの言葉 ケセン語訳」山浦玄嗣著 文春新書
 痛快 絶景 ショックと感嘆 眼からウロコがいっぱい
 たとえば「初めに言(ことば)があった」は「初めにあったのは神さまの思いだった」。
 「お前の敵を愛せ」というのは誤訳で、イエスはそんなバカらしい要求はしていない。「敵(かたき)だっても大事にしろ」といっている。憎い相手に対しても、あいつも人なのだと思って、大事にするということ(要旨)。
 「心の貧しい人々は幸いである…」は「頼りなく、望みなく、心細い人は幸せだ。神さまの懐にシッカリと抱かれるのはこの人びとだ」。
「俳句界 大特集 現代俳句協会」3月号
「まいにちフランス語」NHKラジオテキスト この2冊は目的不明本。
ほかにネットで買った古本 「朝寝の荷風」持田叙子著 人文書院
 「永井荷風の生活革命」の前に書かれたエッセイ・研究書。新しい読み方を教えられる。おもしろい。

というわけで、昨13日はあちこち拾い読みして徹夜に近かった。

ところで、本とは関係ないが、金子兜太のインタビュー記事に、武器や原発といった『機械』への誤った考えが悲劇の根本にある、として「武器を使って相手を克服して利益を得るというような、そういう考え方はだめだと思うんです。対決、対向するという考えは捨てるべきだと思いますね。戦争や原発をみると、それの非常に悪しき表れ方というのを感じますね」。そして、「非現実的反戦主義ってのは、あっていいと思っているんだよ」。3/6 朝日(埼玉版)
朱記は、原発災害の大きさが並みではないことから出る表現ではなかろうかと…偶然かも。

○「花しるべ」
函館山をこよなく愛する写真家の花の写真集「花しるべ 寝ても覚めても函館山 春〜初夏」藤島斉著。
きれいな花の写真。索引を数えたら花の名が118。文章もいい。素朴で、かえって花が引き立つような。
立ち飲みの例の酒保古西商店で常連の横内さんからいただいた。感謝。
                                                おわり

                          大沼通信12-03-08へ