12-03-08(2012年 第11号)
○書 評 
私の親友で「丸の内朝飯会」のメンバーの1人が初出版。2月28日付「大沼通信 第9号」で紹介したが、今回は読んだ感想を綴ってみた。おもしろいので、しかも安いので、どうぞお求めのうえ、読んでくださるとうれしい。(四六版 318ページ 税込み1300円 中央公論事業出版 3月10日発売 ネット注文が早いか)

   「ビジネスは『私の履歴書』が教えてくれた」 吉田勝昭著  



 日経新聞の人気コラム「私の履歴書」を著者は40年以上も愛読してきた。いまではそこに700人を超える各界の大物が登場している。経済人だけで約300人。コラムは1ヵ月ごとに人物が代わる。その1ヶ月を短く感じる人もいれば、長く感じる人もいる。次は誰かも関心の的である。本書は2011年までを扱う。

厖大なこの「履歴書」を、著者はよく読みこなしている。そこから多くを学び、それを実人生に活かしてきたことが分かる。では、そこから何を取り出すか。著者は、考えに考えた末、仕事のヒント、経営のヒント、人生のヒントの3章にまとめた。

1章仕事のヒントは、失敗から得られる教訓、不遇時代対処法から始まる。いわゆる成功物語でないところに著者の主張がある。第2章経営のヒントは、著者が経営者だったこともあって(日本ケミファ()のbQ)、優先順位、事業選別、MAの項から始まるが、2代目の心得や「引き際はきれいに」と退任後のことも忘れない。また、この章の最後は「欧米経営者との違い」となっていて、その中の「後継者の選択方法」が断然光っている。すなわち、GE元会長の次期CEO選びは、候補者を23人選び、6個条の資質を吟味し6年かけて1人に絞ったという。しかも、最低10年は務めること、事故などの緊急事態発生も考慮に入れていたという。日本とはずいぶん違う。第3章人生のヒントは、幼児教育、父母の影響、健康法、お金を味方にする方法など。的確なヒントではあるが―「お金を味方に」という言い方に著者の心意気を見る―人生のヒントは、各章の著者の「読み」の中に多くある。いちいちは紹介しないが、たとえば、「相手の立場で考える」「誠実と信用」「主張から傾聴へ」「勉強」など、当たり前の、陳腐でさえある言葉が、著者のひととなり、人格として顕われているものであることを私は知っている。これらは著者の深いとこから出てきた言葉・結論であり、千金の重みを持っている。

ところで、本書の本当の読みどころ・目玉・特徴は、第4章の分類・整理・一覧である。これがあるので、「履歴書」も著者の目論見も活きた。俗に言えば、これが役に立つ。大きい袋の口を開けてくれたのである。つまり、どのような人が取り上げられているか…。

都道府県別出生地一覧がある。最終学歴一覧がある。旧制高校出身者一覧まである。各分野とはどういう世界か。分野別一覧を逆に遡ると、省略もあるが、落語、将棋、華・茶・書道、相撲、囲碁、宗教、彫刻、陶芸、野球、歌人・俳人・詩人…まだまだ続くのである。ほかにもまだあり、もちろん経済人の業種別一覧もある。それらの詳細な表を見ていると、分かってくることも多いが、これらは一面で歴史を見ることであり、人間を見ることであり、その生き方を見ることでもあることが了解されるのである。 

 そして、面白く読めるのである。これを終りの言葉とするのでは申し訳ないが、私は日銀で企業判定をしていた一時期があり、財務分析などをしながら、その会社の実態や社長の手腕などを想像していたことを思い出した。また、日記と伝記を読むことが好きなタイプらしいので、その面からも面白く読んだ。繰り返しになるが、本書を導入口としてさまざまの人間と社会・歴史を知る意義は決して小さくない。        


○生活革命
「永井荷風の生活革命」を読んだ(持田叙子 岩波セミナーブックス)。
まず、スミマセン 私の愚痴から…蔵書を全部整理(贈与と寄付)した後、特に不便を感じているのが永井荷風全集だ。有名な日記以外、ろくに読んでいなかったので―ある程度は読んだけれども忘れているので―折りに触れ、読みたいと思うことがある。このたび、前から気になっていた上記荷風の生活革命を古本で買って読んで、あれこれ読みたくなり、また不便を感じているところ…。

この本には知らなかったことがたくさん出てくる。それがみんなおもしろい話、眼から鱗なのだ。彼女の新しい読み方といっていい。目次のタイトルはこうだ。第1章女性の自立の物語、第2章個と孤の生活詩、第3章荷風の庭、第4章老いと死の意識。どれも鮮やか。憎たらしいくらいすばらしい。

第1章に、こういう件(くだり)がある。「帰朝後の荷風の1910年代は、かなり女性の精神的自立や自由恋愛結婚、男性と伍す女性芸術家の誕生など、台頭するフェミニズムへの理解と関心が深まっております」P40。
その前には、「『地獄の花』に象徴的であるように、、若き荷風が大きな関心を寄せる社会問題として、男性社会の秩序を保つための抑圧的結婚制への批判があります」P21。
同じページにはまた「地獄の花」の美しい紹介のあと、「荷風の筆は鋭く、処女性をむやみに尊重し女性を一種の男性の所有物として扱う、日本近代の結婚制の理不尽な残酷を批判します」とある。
著者は目配りの広い研究者だから、それらの根拠についても書いてあるが、人物として堺利彦、富本憲吉、ゾラ、ウィリアム・モリスまでが出てくる。それらの関係に目を瞠る思いだった。

第2章は、2度の結婚に失敗したあと、シングル・シンプルライフを生きることになるわけだが、その真意の1つは、「結婚してもよかったのだけれども、一番いやなのが、結婚して子どもができると、どうしても子どもを立派に社会に送り出さなければならない。そうすると、どうしても社会の権力にお辞儀をせざるを得ない。自分は子どもを持たないで一人で生きて、社会の強権にあらがい、人間の権利としての私生活を守って生きたいということを日記やエッセイで述べて」いるという。これなども私は読み取れていなかった。

第3章荷風の庭に至ると、もうお手上げ。何も知らなかった。第4章に入ると、鴎外と柳田國男と荷風との関連や、正史に対し敗者(先住民族)の歴史を樹立するかのような考えにも光を当てていて、「あとがき」では著者自身が、興奮の最中といっているほど。
ほかにも紹介したい点は多々あるが長くなるので省略。
ここでシングル・シンプルライフについてちょっとみてみよう。

「偏奇館は、だれの指図も受けず、自分一人で、そして自分はもう生涯結婚しないという覚悟を決めて、ずっとここに一人で住むのだと思って作った家」である。そして、荷風は『男子こそ家事全般をこなすべきである』と言っている。夜は銀座などでなじみの店で食事するが、簡単な自炊はしていた。
「荷風のシンプルライフの次の要は、独身であるからこそ、ガールフレンドとデートを楽しむということですが、荷風は独身だからと言って女性嫌いというわけではもちろんありません。」そして彼が好きなのは「変わっていて、ラディカルで気骨のある女性」だという。
また「老後に備えて一人で家の中でできる趣味をつくっておくにも熱心」だった。

というわけで、荷風のシンプルライフにはしたたかに1本の筋が通っていた。うらやむだけでは済まない、勁い男だったのである。私の生活革命いまだ成らず。
                                                     おわり

                              大沼通信12-03-02へ