2012-03-02(2012年 第10号)  
○冷凍チーズ   さっ平の研究報告  2/14
さっ平さんのナチュラルチーズ冷凍保存研究報告。いただいたファックスの見出しは
「冷凍のチーズと羊かん丸かじり ウマイヨーゥ」
 
年末にチーズを沢山いただいた。大の好物である。しかし、賞味期限までに食べ切れるだろうか。
さっ平は明けて86歳になった。糖尿病にはなっていないが、理想体重62キログラムを保つために1日当りのエネルギー量を20単位=1600キロカロリー(1単位は80キロカロリー)に抑えている。ためにチーズはたんぱく源として1日1単位20グラムしか取らないことにしている。日本糖尿病学会編『食品交換表』(文光堂、本体900円)によれば、ナチュラルチーズ、プロセスチーズの1単位は20グラムであるからである。
いただいたチーズは下記のとおり。
1)カマンベール イズニー(ナチュラルチーズ)     賞味期限12.01.15
2)スペインチーズ プレート(ナチュラルチーズ) 
 イベリコ(めん羊) マンチェゴ(めん羊) カブラアルヴィーノ(山羊)
                                  賞味期限12.01.23
3)グレデボージュ(ナチュラルチーズ)           賞味期限12.01.20
4)コンテ 6ヶ月熟成(ナチュラルチーズ)        賞味期限12.01.23
5)ロックフォールパピヨン(めん羊)(青かびチーズ)   賞味期限12.02.04
6)イズニーミモレット                     賞味期限12.03.21

実験をやろう、てんで、6)を除外し、まず、1)〜5)の少量を賞味させていただいた。どれもうまい。
次に1)〜5)の1/2を冷凍し、残りを冷蔵した。賞味期限をすぎてから、両者を比較した。
1)の冷凍には感動した。刃が立たないと思っていたのが、容易に切れた。しかも、刃に粘りつかない。冷蔵のものよりうまかった。
2)もともと粘らないで簡単に切れるものだが、冷凍ものも容易に切れて味もよい。めん羊、山羊の独特のニオイも半減する。
3)は粘って切れにくいが、冷凍ものは容易に切れる。強い臭気が、冷凍するとぐんと少なくなる。
4)はもともと切れやすく、食べやすい。冷凍しても切れやすく、味もよい。
5)この「めん羊の青かびチーズ」は、塩分が強く、臭気も強い。さわるとくずれる。冷凍してもくずれやすい。冷凍ものは臭気がかなり減る。が、食べ過ぎると塩分の取りすぎになる。

てな具合で、冷凍にすると賞味期限を気にしないで食べることができる。
プロの方々からはおしかりを頂くことになろう。
戦前生まれのケチなさっ平の生活防衛の一コマであります。

○夕刊に私の写真
 2/26付「大沼通信 第8号」に、函館国際ホテルの「がごめカフェ」に参加し、講演とがごめ料理を楽しんだことを書いた。
そのときの様子が2/29付道新夕刊地域版に、写真入りで掲載された。たまたま写っていた1枚が選ばれたわけで、私とは、まァ、関係ないが、ケータイメールは来るし、電話もかかってくるし、たまたま誘われて入ったカラオケバーでは顔見知りの何人もから「出てたね」「バッチリだね」などと声をかけられたので、ここに、転載させてもらうことにした。よく見ると腹が出ていて、カッコ悪いのだが、なんて。 おわり


  記事はこの5倍の大きさ(幅22センチ)!?  

                         大沼通信12-02-28へ