12-02-28(2012年 第 9号)   
○新聞見出しだけ並べると

このほか、今日28日には、「函館 積雪観測史上1位タイ」「函館嘆息 27年ぶり積雪91センチ」「『最深積雪』まち覆う 3地点で記録更新 住民『捨て場所ない』」「函館市 除雪費 過去最高の見通し 作業難航 苦情も」の見出しもあった。
右から3番目の左サブタイトルには「大沼29a」とある。






○新刊書紹介
「丸の内朝飯会」の吉田勝昭氏が本を出す。日経連載の人気コラム「私の履歴書」の長期的な分析・分類が目玉の自費出版。ビジネスマンにとっては、いろいろに利用でき、大いに役立ちそう。発売3/10

氏は大沼や函館にも来訪、リブリのメンバーらと交流したこともある方。私の尊敬するひとり。本書を推薦します。
4月16日、東京で盛大な出版記念パーティが開催される。発起人の1人は市原実氏(丸の内朝飯会)。

「丸の内朝飯会」メンバーの本としては、故堀添勝身氏の「天風先生の こころの響き」以来となろうか。

氏は下の写真に写っている。右奥から2人目の、頬に手を当てている方。


○ファビオ・ボッチのスピーチ
2月16日、「丸の内朝飯会」で、イタリア前首相ベルルスコーニについての詳細な研究発表を日本語で。昨年2月に続き、2度目のスピーチ。
資料が厖大だったので、しゃべりきれなかったが、会場からは大きな反響。左から2人目がファビオさん

たとえば、「不明朗な資金、女性スキャンダル、汚職にもまれながら4回も政権の座に着く,不死身の首相」「様々なスキャンダルを抱えていても、彼のようなタイプの人が首相となって国をリードするところがイタリアらしい」「表面的なニュースではうかがい知れないベルルスコーニ帝国のスゴサ、メディア(世間)を牛耳るやり手」「したたかに生き狂人のような活動家」(要旨)など。        撮影:氷室寿美

○清明上河図…立ち止まらないで…
東京に行ったとき、この展覧会を見ようかと考えていたが、新聞社主催の大展覧会は人集めが激しいから、大混雑だろうと思い直して取りやめた。
案の定、「…『立ち止まらないで下さい』という日本語の声が耳に響いた。渋々と左へ動くと…」とあった(リービ英雄 『図書』3月号)。「呆笑」という言葉はないだろうか。
映画「文化果つるところ」は「outcast of the island」だったが、「outcast of culture」とでも言うべき逆訳・名訳だったのではないか。ついでに、では、でたらめ英語で、こんな展覧会で稼ごうとする日本は、「nation of outcast of culture」だろうか。呵々。
                                                    おわり

                         大沼通信12-02-26へ