12-02-26(2012年 第 8号)    

大雪が続いています。異常な多雪。26日は終日吹雪。視界不良。どの家も雪掻きに大童。

○2月のリブリ    「共喰い」田中慎弥、「道化師の蝶」円城塔     2/23
芥川賞受賞の2作品を取り上げおしゃべり。各自が「文芸春秋」3月特別号を買ったので選評も読んできた。
新聞などでも騒がれたので、大体のことは耳に入っていたようだが、大方の言うように、「…蝶」のほうは、よく、いや、さっぱりわからなかったという意見が多かった。選者でさえ分からないといっているんだから、われわれに分かるはずはない、と言ってしまっては身も蓋もないが、しかし、あちらこちらにいい文章があり、世が変わって将来は理解されるかも、とは謙虚か。ベートーヴェンやピカソの革命性をからめての歴史的判断とすればリブリらしいか。
 「共喰い」は女が生き生きしていて、主人公は女ではないか、という意見が多かった。鰻釣りの仕掛けは独特で、よくできているのではないか、とは釣り上手の意見。
和子さんの絵本朗読は「朝になったので窓を開けますよ」。
誓子さんが所用で欠け、はる枝さんが風邪をおして出席。5名。早めに切り上げた。読書メモは近く掲載の予定。外は吹雪。その夜は大雪。
 なお、3月例会は22日、「詩歌鑑賞」。好きな有名詩歌を持ち寄り、みんなで鑑賞することにした。

○初転び 2/23
今冬初の転倒。これでも「最長不倒期間」?!は長いほう。
新雪が深雪。帰宅のとき、道が見えないので、比較的新しい車の轍のあとを歩いていたら、下がツルツルの氷だったようで、アッという間もなく脚を開き尻を落としていた。横倒しにはならなかった。
あの瞬間は「無時間」―転ぶたび、そう思う。「お見事」と言って自分で自分に笑うのだが、天然・自然の力?!に対してである。
雪がこわいくらいになっている。とはいっても、きれいなときもある。日が射すときなど。→
写真は今朝(24日)の裏庭の風景。ケータイで。



   

○ここ数日の新聞に知り合いのお名前
訃報もあり追悼記事もあるが、そうでない記事もある。
新妻博さん逝去―前衛的姿勢 晩年の句集も 「道内文学 俳句」 2/22 道新
山田緑光さんをしのんで 硬質にして情緒秘め 俳句に独自表現貫く 辻脇系一 2/23 道新
 わたしの「金子兜太 日銀時代の思い出」p23に、この3人のお名前が出ている。
・永久保秀二郎の日誌刊行 行間にアイヌ民族への愛 釧路の読む会
 「永久保日誌の研究者で札幌女性史研究会の中村一枝さんは…」 2/24 道新
・石巻とバル街  加納諄治 朝の食卓(コラム エッセイ) 2/24 道新
・代筆と小さく付記ある年賀状 福島真也(日銀OB) 俳句欄 清水道子選 2/19 道新
・新商品 イカが 「たかせ」(高瀬宣夫代表)が珍味2種販売  2/22  函館新聞

これは知り合いのことではないが、通った中学・高校のあった栃木市のこと。
・栃木市にあった歌麿の肉筆浮世絵 巨匠の足跡 追い求め  川岸等 2/22 道新
 専門的なことは分からないが、何点かは本物らしい。行方不明の1点が「雪」(月、花は米国にある)。
「大きさ約3畳分で、20人以上もの遊女が華麗に描かれている(64年前に都内で展示)というからすごい。「見つかれば世界的ニュース」。ただ、栃木市滞在の決定的物証(書簡など)はないという。記事が、分かりにくい書き方をしているのも気になるが。

○がごめカフェ
「がごめ昆布」は、函館や道南東海岸で栽培・生産され、健康と美容に効果があるとして沢山の新製品が出回り、函館の新名物になっている。 その普及や広報の一環として講演と食事会が開かれた(6回目)。
 
                                               撮影: 高瀬宣夫
ワンコインということもあって、期待しないで出かけたら、なんと、いい講演と立派なメニュー。
1 真鱈のがごめ昆布入り甘酢あんかけ
2 蒸しタマフクラ豆腐のがごめ昆布あんかけ
3 イカと王様しいたけのがごめ昆布入りチャーハン(スープをかける)
4 野菜サラダとがごめ昆布ドレッシング
5 がごめ昆布入り杏仁豆腐
6 コーヒー
食事は10人がけの丸テーブルが8卓だったか。美味しかった。満腹になった。しかもお土産つき(がごめ納豆昆布、がごめ雑炊、がごめとろろ昆布、がごめ昆布キャラメル、がごめ昆布醤油餅)。

○「金子兜太 日銀時代の思い出」パンフは、はじめ袋とじとしたが、試しに両面印刷にしてみた。裏の活字が透けて見えるが、まあ、我慢できるかと…で、コピー用紙を、半分に裁断し、表紙の裏表だけ色付きの紙を使い、表を刷ったら手で裏返して「印刷再開」をクリックし、できたらホッチキスで閉じるという繰り返し。プリンタがインクを食うこと。
手作りといえばカッコいいが、装丁ともいえない体裁で綴じも不揃い。なんとも情けない冊子になったが、これまでに約100部プリントした。

○読者のおたより
「金子兜太 日銀時代の思い出」は、充実の人生の一場面で、かつ、大きな部分を占めるのでしょう。相変わらずのご活躍、すばらしいことです。

以下は言わないほうがいいのだが、変則独居爺だからの、多忙ぶり、能率低下ぶり、不便ぶりの愚痴。

東京から戻り、18日から3日間は上記パンフの作業。21日は定期健診で函館のクリニックへ。異常なし。谷地頭温泉に入る時間がなく、酒保・古西商店に顔を出しただけ(飲む時間もなかった)。
22日は翌日のリブリの準備。23日、リブリ。24日はパンフをメール便で発送。35通。同封したのは(全員にではないが)「丸の内朝飯会」の便り(出席者の感想一言メモ)や東京滞在記(大沼通信第7号)のコピー、送り状。
そして、一段落気分でこの第8号にとりかかった次第。

パソコン部屋は水が出ないので、前号のとおり毎日ペットボトル4本(5本のときも。弁当も)にお湯を入れて持参している。使ったコーヒーカップや食器はストーヴのお湯で洗う。
この長屋の前も雪掻きが必要。辺りのどの家もヒーヒー。だから、みなさん、愚痴らない。

マンションに帰ってから夜の食事(支度から!! 諸般の事情から買物難民に近い)。癖になった晩酌。9時過ぎは「完寂世界」。朝は食器の片付けと洗濯など。

ほかに、高齢の女房の調子がちょっと心配になってきた。電話ではしっかりしているのだが。
介護認定手続きなどは主治医と横浜から来た娘と仲良しの知人らと。認定まで日にちがかかるらしい。介護度とか施設入居の必要性などはそれから。わたしの出番もまだない(本人から来なくていいと言われた)。
しかし、これからいろいろありそう。

東京で遊んできたあとだから、このくらいは、というべきか。じっさい、楽しかった、よかった。

―ここまで書いたところで24日は終わり。
翌25日は、まず自由市場でかれい・ほっけの開き、イカの生干し、高値の野菜数種を買い、そのリュックを背負って函館国際ホテルに行き、上記がごめカフェのあと、谷地頭温泉に入り、パン屋で菓子パンを買い、古西商店でゆっくり、ビールと日本酒。函館駅に近い甘太郎で今川焼を買い、立ち飲み屋・丸善でジョッキ1杯。
JRでは隣りにかけた娘さんとインターネットの話し。
マンションに帰るつもりだったが、ふらふらと金丸に立ち寄りジョッキ2杯。出たところで、なんと昼間がごめカフェで司会役を果たした高瀬さんが路上に現われ、誘われ、4人できらくで1杯。1人になって、最後は伸ちゃんの店でまた1杯。酔った。
                                                       おわり

                           大沼通信12-02-19へ