11-02-19(2012年 第7号 )   
東京滞在記   2/8〜2/17  とりあえずのご報告。戻ったときの函館は吹雪、気温マイナス6℃

初めに自慢させていただくと、金子兜太氏から電話をもらったこと。9日の「丸の内朝飯会」のスピーチのあと、ケータイに直々の電話。小冊子「金子兜太 日銀時代の思い出」を受け取り,読んだこと、そのお礼といって。
面白かった。記憶の欠落部分が埋まった点があり、5月から書き始める岩波新書「わが戦後俳句史」の続編に、1部引用することになるだろうと。
未定稿だから、手を入れなくてはというと、まぁ、あれでいいでしょう、とも。

○映画1本 「ポエトリー アグネスの詩」 はじめて見た韓国映画 
  「世界」3月号に監督インタビュー記事があった。何も知らず、ホテルに近いからと入ったのだが…
○展覧会3つ 
  ブリヂストン  パリへ渡った「石橋コレクション」
  横浜      松井冬子展     
  三菱一号館  ルドンとその周辺
○朝食会
   「丸の内朝飯会」 スピーチ「金子兜太 日銀時代の思い出」 21名
    みなさんのうれしい感想など(一言メモ)は後日、機会あれば掲載 
   翌週はファビオさんの「ベルルスコーニ」についての研究発表―長大でしゃべり切れず
 











       撮影  市原 実


○昼食会
   「丸の内朝飯会」 有志9人で銀座7丁目ライオンで。その2次会を銀座4丁目ライオンで3人で
   同窓会 高校報道部「つばき会」 9人出席。昨年逝去の3人を偲んで
         プロジェクターで在りし日の写真を見てからおしゃべり
   由比の会(法要) 2/5急逝の親族をも偲んで。17名出席 浅草の釜めし「むつみ」 。2次会は省略
   友だちと会食 日銀内書店・売店の旧友と3人で三越特別食堂(風邪で1人急欠)
             日銀同僚と2人で銀座7丁目ライオンと三越特別食堂で 
○夜の宴会 
   ひとり宴会  銀座7丁目ライオン 隣席のトランペッター兼住職とおしゃべり 
             (在京中3回通い、スピードくじで2等・3等・4等が当たったが景品はお粗末)
            ホテルの部屋でコンビニのおでんで
   ガ・フレと宴会
    ファビオとガ・フレと  「丸の内朝飯会」ファビオのスピーチの準備を兼ね氷室さんと「酒の穴」で
    ガフレと2人で     ピアニストと銀座スペイン料理「びいどろ」と銀座中国薬膳料理「星福」
○買物 
    文芸春秋 3月芥川賞発表号 教文館書店は歩道に机を並べ平積みにして販売
      2月の「リブリ」で取り上げる小説2作。ホテルで夜半に読了
    靴とズボン2本 浅草「酒井直三商店」と銀座松屋で。ウエスト88cm!
    ボールペンの修理は銀座「伊東屋」に依頼
○いただきもの 
    「セクシュアルハラスメントをしない、させないための防止マニュアル」監修/青木孝
      著者である弁護士さんがホテルに来訪持参。商品券もいただく。恐縮
    その他は省略―沢山あった(チョコレート、絵はがきなどは複数!!)。ありがとうございました

○楽しい滞在でした。沢山の方にお付き合いいただき、お世話になりました。ありがとうございました
  帰りの飛行機は、たまたま「リブリ」のはる枝さんと同じ便になりました。当然でしょうが、疲れました
○東京都心はにぎやかでした。格差社会はほぼ完成したのでしょうか。現在進行中のようでもありました
  早朝の立ち食い蕎麦屋に3k?!派遣労働者が溢れ、寒い路上で食べている光景を見ました
○ホテルの地デジテレビも見ませんでした。ちょっと点けましたがすぐ消しました

○いま、小冊子「金子兜太 日銀時代の思い出」の手入れ中。プロ編集者氷室さんにみてもらいました
○Aハウスは雪掻きがタイヘン。また凍結し、水も出ない。明日(19日)から水を持参しなくちゃ

                                                       おわり

                          大沼通信12-02-07へ