12-01-25(2012年 第5号)    
○冷冬多雪―もしかして私の造語かも。「厳冬」が、いいとは思えないので。
 

    前号「水滴が創る女神像」を豆餅でもじって 
  
















○仐寿
日銀から記念品をもらった。とうとう80才(数え)まで生きた。生きすぎた。まさかの思い。なにしろ、この2月で2度目のがん手術から14年、男の平均寿命と大体トントン。どこか済まない気がある。
気を変えて…まァ、なるようになるだろう。なるようにしかならないだろう。
ここで、なお気取って言うと、これからは震災と原発災害について、ちょっぴりでも考えていきたい、というのが今の心境。

それにしても、かつての(国家)「革命」という言葉の熱気が消えて久しい、と思っていたら、ひょっこり、池澤夏樹がこんなことを書いた。
「分岐点は1968年だったのだろう」「あのあたりで人は革命という物語がないままに生きる道を本気で探り始めたのだろう」「だいいち、今、国家は金融資本に負けている。国政は茶番で選挙なんて何の意味もない。大震災のような大きな物語のきっかけを貰ったのに国はそれを活用できない…」(「『物語』の喪失」 コラム「終わりと始まり」 1/14 朝日)。

分からないまま言うのだが、戦後の「革命物語」は、「分配+倫理・道徳」と「欲望・競争」の闘いに、「経済」つまり後者に前者が負けたから、なくなったのだと思う。今は「欲望・競争」真っ盛りの時代。欲を抱えたまま、ひたすらどこか知らない先へ突っ走っているばかり。

「…この悲惨な事実を理解し、それを類まれな思考能力で体系化し、人類に希望の光を見つけ出すことにマルクスのすべてがあった…」(的場昭弘「超訳『資本論』」のはしがき)。
ここのところは、「…パリの地下鉄で絶望のあまり深く頭を垂れ、腕を拝むように大地につけた貧しい物乞い」の姿が「あまりにも神々しかったので…印象に残っている。」彼は「この豊かなパリを絶望のまなざしで見ているのです」「マルクスが『資本論』を書いた意味はそこにある…」と、いいとは思えない文章に続くもの。

私にも、しらけた生活者・庶民・弱者の、何ともつらい顔が見える。
それとも、彼ら彼女らは強いものを持っているか!?

私の雑文のタイトルの1つに「儚儚老随筆」がある。「オレンヂ」の歌詞には―聞いたことがないのだが―「春儚き、夏儚き、秋儚き、冬儚き」がある。私の「儚き」は2つだから、まだ足りないかもしれない。「ままならないこの想いは まだ見ぬ明日の 幻になる」。
                                                        おわり

                           大沼通信12-01-21へ