流し台に水滴の絵が現われました。偶然の女神の創作です。回して視線を変えますと、さまざまに創造力をかきたててくれます。
お○○○は女神の至聖所、いやいや、女神そのもの。みだりに口にすべきではないのであります。
             12-01-21(2012年 第 4号)   
○「源氏物語」第2回と新年会  リブリ  1/19
1月例会は函館の「街づくりセンター」に6人が参集。風邪で来られない人、東京の病院に入院した人、東京から来た人もいて前月と同数。
登場人物の中で好きな女性を挙げてもらおうとしたが、この文庫本ではあらすじを追うのが精一杯で、一人ひとりの人物像まではわからないので無理だった。何となく六条御息所や朧月夜、紫の上、浮舟などの名前が出た程度。一番会いたいのは作者紫式部といったのは卓見か。

中休みにコーヒーが出た。4時半で切り上げ、松風町の「魚一心」で新年会。活イカの刺身では足が動いて歓声。ビールと日本酒を飲み、飲めない人は定食。そして2次会へ。近くの焼き鳥屋でまた飲んだ。
まとめは近日中に書くつもり。

なお、来月は23日、もし文春に芥川賞・直木賞受賞作の全文が1つでも掲載されたらそれを読むこととし、出ないときは、二番煎じになるが、私が2月に「丸の内朝飯会」でしゃべる「金子兜太 日銀時代の思い出」(ペーパー用意)をもとに、人物と俳句についてみんなでおしゃべりすることとした。

○さっ平さんの自在な絵   1/20

                                              

○寒い日が続いています。戸外の最低気温は−18℃まで下がりました(1/13 高瀬宣夫さんのウェブに温度計の写真)。
長屋の寒さは「半端」でないのです。パソコンの起動は遅いし、プリンタのインクまで凍っていました。
ガス湯沸かし器は使わないことにしました。ストーブの上の鍋のお湯だけが液体!?
道南でこれだから、酷寒の地はさぞかし…。東北の被災地の寒さも殊の外…。
                                                       おわり

                               大沼通信12-01-13へ