大沼通信       12-01-13(2012年 第 3号)   
   
 ↑ 居間にあった案山子。正月2日、町内の人たちが先生宅の初笑い落語を聞きに来たとき歓迎の冬期案山子

              

○志麻木亭さっ平落語独演会     1/8    於:志麻木庵
東京からピアノの真知子さんが聞きにきてくれたので、さっ平さんが、その夕方、その帰りに、自宅に招待してくださり、2回目のしいたけパーティ!?を開いてくれた。
寄留中の中国の陸さん提供の仙台の牛タンも焼いてくれた。彼女はしいたけに十字の切れ目を入れるなどの手伝いもしてくれた。中国でもこんな風にして食べるかと訊いたら笑って首を横に振った。

何しろ玄関に入ると、高級しいたけが山のように積んであることにまずびっくり。それをオリーブオイルで次から次へ焼くのである。ホワイトアスパラのびん詰が開けられ、野菜のピクルスも出され、たいへんなパーティとなった。落語のあとすぐのおもてなし、そのお元気なこと!!
常連の大津さんも一緒。私は自分用のエビスビールを1人で飲み、満足。

正月の演目は「寿限無」。出囃子の祇園太鼓もほら貝も息いっぱいの元気さ。「寿限無」でも見事な早口を披露し、そのお元気さにまた勇気づけられた。

例の黒生飲み放題コースは相変わらず。フライドポテトの注文にはタバスコが添えられていた。4杯半飲んだあと、バーでウィスキーを飲んだ。
                                                        おわり

                              大沼通信12-01-07へ