大沼通    12-01-07 (2012年 第 2号)   
○金子兜太氏から年賀状

素直にとって、私は金子兜太もうらやむ暮しをしていると思うことにしよう。

このところ私は古い日記をひもとき、今から40年以上も前の金子兜太とのお付き合い(かすかな接点)を思い出している。…2月の「金子兜太 日銀時代の思い出」と題するスピーチの準備。

氏は77才のとき、日経に「私の履歴書」を連載、78才でNHK放送文化賞受賞、81才で現代俳句協会名誉会長就任。そういうバリバリの時代が92才の今に続くのだから…うらやましい、いや、すごい、比較の問題ではないが。

昨年12月20日付大沼通信第76号で紹介した金子兜太の近作のうちの1句がこの
  
東京暁紅ひたすらに知的に医師たち
だった。




○さっ平さんの一口話 8

(おチンチンの詩はあっても)「お○○○」の詩はないとのこと。では1つ。

@かわいがられたお○○○        
今じゃ
しなびてちぢんで
部屋の隅で
ころんでふて寝する

A見るに見かねたおじいさん
今に
くさるぞお○○○
水をやるぞえ
なでてやるぞえ生きかえれ

B水を含んだお○○○
今じゃ
ピカピカ紫
はだはつやつや
生きるぞと立ち上がる

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
元歌  三階節

可愛がられた筍が 今じゃ切られて割られて
桶のたがに掛けられて 締められた

  正解 おナスビ

「雲のない駒ケ岳」:やっぱり「女神の休みどころ」(2011年第68号参照)ですね。ダフネとナスビ(2011年第75号参照)を載せてくださって、ありがとうございます。前立腺の小論(2011年第77号参照)、ありがとうございます。

○新年交礼会  1/3
町の人たちとの恒例の顔合わせ会。30人ほどの人とあいさつした。これがいい。ビール4杯。刺身とくじらのベーコンなど。福引は大沼蕎麦まんじゅうが当たる。夜は「金丸」と「伸ちゃん」にもあいさつ。

昨6日は同じマンションのSさんに誘ってもらい、ちゃっぷ林館の温泉に入ってきた。一穂さんと息子さんが露天風呂に入っていて、やァ。
戻ったのが昼近く。我慢できず、ビールでブランチ。

寒いけれどいい天気が続き、気持ちがいい。南向きワンルームは、陽ざしが強ければ裸でいられる。
明8日から札幌へ行ってきます。さっ平さんの落語を楽しんできます。

○読者のお便りから
「背中の勲章」が戦争捕虜のこととは全く知りませんでした。読んでみたいと思います。たまたま「収容所からきた遺書」辺見じゅん(文春文庫)を読んでいます。シベリア抑留者の苦悶です。いろいろ考えさせられます。

                                                      おわり

                             大沼通信2012-01-02へ