大沼通    12-01-02 (2012年 第 1号)   

    年 が 明 け ま し た     今 年 も よ ろ し く

                 朝方、マンションの窓から雪の裏庭を  1/2    
                  

うんと反る椅子にふんぞり返り、頭の後ろで両手を組む。両脚を机にのせて伸ばす。と、机の先端にファイルの絵が2枚並んでいる。ゴヤ展グッズのマハの絵。A5版のファイルにプリントした着衣と裸の揃いのマハ。
私の格好がそれに似ていなくもない。同じように横たわる2人のマハと椅子に横たわるカウチ・ポテトみたいな私。

ゴヤと言うと「戦争の惨禍」の版画シリーズを思い起こす。人間の残酷さ。人間の残酷さは大昔からずっと続いている。ついこの間の戦争の惨禍はいまも続いている。原爆もそうだ。原発事故による災害がそうだ。残酷な行為は戦争とは限らない。平時で、しかも、目に見えない惨禍まで。

朝日賞を受賞した上野千鶴子はこう言っている。「東京で脱原発デモに参加しました。デモは40年ぶりです。それほど3.11のショックは大きかった。これだけの犠牲を払っても日本を変えられないのなら、一体誰がどうやったら変えられるのか。若い人に問いかけたい。」そして、「ドイツでは学生運動を繰り広げた『68年世代』が緑の党をつくりました。日本では全共闘を体験した私たち68年世代が政治権力の中枢に入れず、政治的影響力を持つことに失敗しました。それがなぜなのかを考えなきゃいけないと、つくづく思います」(開沼博との対談 サンデー毎日 1/1-8号)。

「チベットのモーツアルト」(中沢新一)という本を読みはじめたが、さっぱり分からない。分からないけれど何かおもしろい。しかしそろそろ、もう先へは進めそうもない。その中に次のような禅僧の詩があった。

「静かな住居を見つけて、飾らぬ心をたのしみ、年中、客を送ることも迎えることもない。あるときは、孤峰頂上にのぼって、雲のうちから顔をだす月に大笑いする」(祖堂集)。

ここだけをそのまま受け取って、私も試みてみようかと思った。山に登らず湖畔の一角にたたずんでも同じではなかろうか。
日本を変えるほうは若い世代にお願いしても良さそうだ。

ところが金子兜太はちがう。元気なのだ。サンデー毎日の同じ号に、「がんから生還 俳人・金子兜太 92才 3.11を詠む 自然科学依存と官尊民卑から脱却しろ」のタイトルで記者にいろいろ答えている。

「…戦後の復興より重くて陰湿で長期戦になるでしょう。俳句にもできることがあると信じています」。(前号で別の1部引用)
戦争の惨禍、戦後の復興、今回の惨禍。2度目の大復興。復興と変化。老いも上野世代も若きも、だろうか。

                                                       おわり

                          大沼通信 2011-12-29へ