11-12-29(2011年 78号)
     読みにくいのを承知で、今年最後の、記銘のための記録をピックアップさせてもらった。 まだまだこれからの問題。

    年末に金子兜太氏が退院したことが big & good news.
    私は休肝日つくりに苦労。ベルトが自然に腹の下になってしまう。γ‐gtp 88。           

○2011年は3.11の年


 共同通信社の東日本大震災特集の最近の見出しを抜き出してみる。

+郷原氏が九電を再び批判 「反省の態度はない」 (2011年12月28日)

+
福島県、脱原発の復興計画決定 全10基廃炉求める (2011年12月28日)

+東電社長に実質国有化の検討指示 経産相、値上げの動きけん制 (2011年12月27日)

「実質国有化を受け入れた場合、東電は政府の管理下に置かれるが、金融機関から1兆円規模の追加融資も見込めるようになり、危機的な財務状況を脱することができる」「経産相は、西沢社長との会談で「電力の安定供給を錦の御旗にして、値上げは電気事業者の権利であると万一考えているのなら改めてほしい」と述べ、値上げの動きをけん制。「料金改定は新しい東電に対する国民の信頼回復とセットだ」と指摘し、目に見える形で企業統治を強化する必要があるとした」。

+福島第1原発事故の要約はこうなっている。

「3月11日の東日本大震災に伴い東京電力福島第1原発を最大15メートルの津波が襲い、原発の電源が喪失。原子炉や使用済み燃料プールの冷却機能がなくなった。1〜3号機の炉心は過熱して燃料が溶融。水素爆発で一部の建屋が吹き飛んだ。放射性物質が大気や土壌、海などへ広範囲に拡散。炉心の安定的な冷却を目指した作業が進むが、建屋の内外にたまった放射性物質を含む大量の汚染水が支障となり、東電が示した6〜9カ月で収束させる工程表の遂行が危ぶまれている」。

+放射線と健康不安についての要約

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から半年が過ぎた。外部へ放出された大量の放射性物質は環境を汚染し、野菜や牛肉など身近な食品から検出が相次いだ。健康被害を防ぐため国が設定した食品の暫定基準値は、秋以降に見直し作業が本格化する。家族で囲む食卓への影響は今も続き、妊婦も不安に直面したままだ。長期化する原発事故の影響。出口はまだ見えない。

+「人類史の曲がり角にぶつかるような大事件」   「過ちの歴史から学ぶ」宮内勝典 12/16 道新

○沖縄基地の問題も大きい

+アセス評価書、沖縄県庁に搬入 住民反発、混乱続く  2011年12月28日  東京新聞

「沖縄防衛局は28日未明、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設に向けた環境影響評価(アセスメント)の評価書を沖縄県庁の守衛室に運び込んだ。県内移設に反対する住民らの阻止行動を避けるため、異例の搬入方法をとったとみられるが、猛反発した住民らが県庁に詰めかけており、混乱が続いている」。「沖縄県の上原徹管財課長は、評価書の受け渡し手続きに不備があり、正式な公文書とは確認できない状態だと明らかにした。守衛室前には市民ら150人が陣取り、受け取りを拒否するよう県に要求している」。

朝起きて国崩れゆくニュースみる  平成落首考から 12/27 朝日

○この国のかたち
この評価書搬入について、道新のコラム「卓上四季」は、「姑息」と「傲岸」と評し、同時に武器輸出3原則の骨抜き、原発の海外輸出にも触れ、この国は「〈平和と安全〉を守るより〈流血と危険〉」を世界に売る国になるのもいとわないということなのか」とまで言っている(12/28)。

+屈辱の「主権在米」国家    「独立国日本のために」森田実著の新聞広告から  12/24

あごひげのやさしい目をしたおじいさん「窓」という字はそんな漢字だ  平賀由紀子 朝日歌壇12/26
    ――私は何かの窓になっているだろうか、いや、その前に、やさしい目だろうか。


「大沼通信」は、昨年は年間79号、今年は78号でした。 
政治については、発言する資格を失いました。とくに民主党に翻弄され、呆れているうちに分からなくなりました。しかし、言い続ける必要も頭の片隅にあります。あきらめ、投げるのは、「敵」の手にはまることです。

金子兜太氏は「サンデー毎日」の最新号で「政治的発言」!!をしています。入院中も胸に去来するのは…憤りで、「震災犠牲者は戦争と同じ殺戮死」と激しく言っています。

丸山真男は「民主主義は…政治的な市民の政治的関心によって、また『政界』以外の領域からの政治的発言と行動によって、はじめて支えられる…(下線は原文では傍点)」。「日本の思想」から

よいお年を。

                                                                    おわり

                               大沼通信11-12-25へ