11-12-25(2011年 77号)
○ミニスピーチ   12/24
「生と死を考える・道南の会」恒例の忘年会で、今年もまた前座のおしゃべり。私の話しがつまらないので参加者が少ないらしく、今年は最初から2次会の場所である山田会長宅で行われた。クリスマスイヴの12月24日4時からということで来られない人がいたのかも知れない、と思うことにした。
ところが、タイトルもない今回のおしゃべりは、今までになくまとまっていて、聞きやすかったといわれた。これまでは毎年、宇宙人のように、どこかへ飛んでいって、なんだかよく分からない話しばかりだったといわれてしまった。

山田会長が日野原重明氏に同行して長い旅をし、そのことを「聖地イスラエルへの旅」として連載寄稿している(季刊誌「メディカルはこだて」)。話しはそれにかけて、日野原氏の当日の新聞コラム「日本にも暴動があった」(100歳・私のあるがまま行く 12/24 朝日)の切抜きを持参し、大正の米騒動は富山の女性たちが立ち上がって始まったこと、その短い文中に「女性」という言葉が5回も使用されていることを指摘、氏が女性のよき理解者であると話した。

続いて氏が金子兜太氏と対談して以来俳句に凝っていることに及び(山田会長もご存知だった)金子兜太氏の話しに移った。日銀時代の氏との思い出を、私が来年2月、「丸の内朝飯会」でしゃべる予定であることにも触れた。
そして、91歳の金子兜太氏が、記憶力を鍛えるために、亡くなった人の名前を暗記し、毎朝読み上げていることを紹介。130人ほどの人の名前を順序を変えず、「立禅」と称し、毎朝朗誦するという。ちなみに、氏は胆肝がんを手術し今週退院したはず。

次は85歳の志麻木亭さっ平こと大出哲先生のことを話した。大学教授を辞めた後、毎月落語独演会を開いていること、その一方で、前立腺がんを手術し、また友人の同じがんの闘病記を記録し、どちらも大学の学報に寄稿したことを紹介した。

氏はギリシャ語・ラテン語の権威だから、「カテーテル」の語源を調べ、やはりギリシャ語であることを突き止め、ガレノスの医学にも触れ、当時の、つまり今から2300年前の前立腺の治療に、鉄製のカテーテルを身体に入れたことも紹介している。麻酔のない時代の手術は想像するだけで戦慄的だ。

図解があり、カメノコウ化学記号も描かれている学術的エッセーとでもいうものだが、ユーモアもある。PSAやホルモンについてもよく調べ説得的な文章が展開される。ここでは、「コメディっぽい一齣」のエピソードを、少し長いが引用しよう。

「親友K氏が札幌市内のZ泌尿器科病院で前立腺全摘手術を受けることになった。手術の前日、K氏から電話がはいった。「大出さん、病院に来ていただけませんか。家内が真っ青になってるんです。担当の先生から説明を受けて、いま部屋に来てるんです。口もきけないんです」。タクシーをとばして駆け付けた。…

「あのね奥さん、前立腺全摘っていうのは、オチンチンを根元からプッツリ切ることじゃないんですよ」「あ、そうなんですか」。とたん、真っ青だった顔に、サッと赤味がさしてきた。
その後、落語会が終わってから、この話を引き合いに出して、前立腺全摘の内容を説明した。驚いたことには、ご年輩のご婦人の方々の中にも、前立腺を文字通りに解釈して、「前に立つあの部分」と思い込んでいる人が、かなりおりました」。(名誉教授・大出哲 寄稿「カテーテル」「前立腺癌患者となりました」 室蘭工大 学報)

話しの最後は、私よりもずっと!?高齢のこのお2人の「立禅」と「落語」による記憶力の鍛え方を真似して、私も来年は挑戦してみようかと、或る試みを話して終わりとした。30分の予定が40分になってしまった。人の褌で相撲をとったお話しでした。

2次会は同じ場所で夫人手作りの多種多彩高級料理と、酒通で有名な会長提供の上等な日本酒をたっぷりいただいた。「メディカルはこだて」編集・発行の塚本さんが所用でおそかったので、時間もたっぷり。

それから私は馴染みの焼き鳥屋で飲み、最終電車にギリギリで間に合い、12時少し前に帰宅した。お土産を肩にかついで、新雪の中をゆっくり歩いた。

○ガス湯沸かし器また破裂   12/23
新品に換え、忘れずに水抜きをしていたが、それでもまた凍結・破裂したらしく、修理に出した。暮の時期、いつ直るかわからない。
パソコン小屋は寒くて不便。1階は室内の水が凍り、そしてお湯も出ない有様。トイレのときは、2階のストーヴの上のやかんを持つて階段を降りる。
出かけてくる時間を遅らせ、帰る時刻を早めなくてはならない。パソコン時間に影響大。

○リブリ 「源氏物語」第1回  12/22
おもしろかった。源氏はやっぱりおもしろい。6人でおしゃべり。1人以外は初めて読む人だったので、初歩的なことをやさしく解説した。ほとんど私1人でしゃべり、一段落したところで、いろいろな疑問や質問が出てきた。来月は第2回。それぞれが読んで好きになった女性を語ることとした。場所を変え、函館の街づくりセンターでやったあと、大門の「魚一心」で新年会をやることにした。まとめは後日、別項で。
なお、皆さんからコピー用紙5000枚をいただいた。昨年もいただき、数えてみたら、1年間にざっと3500枚使用していた。
                                                おわり

                              大沼通信 11-12-20へ