一
  九
  一
  九
  で
  九
  一
  歳
  兜
  太
  生
  く
             11-12-20(2011年 76号)
○ようやく雲のない駒ケ岳を撮ることができました。    表紙にも使いました。   撮影:2011-12-20  
     

○川柳1句
   1919で91歳兜太生く    
金子兜太氏は1919年生まれで、今年91歳。「生く」にも19にかけて。
まだまだ生きる人です。生きてもらいたい人です。
胆肝がんを手術し、今週退院。 縦に書くと下の通り。

       

○金子兜太近作  「東国抄 255」(「海程」20111年12月号)から

  一老生かさんと釣瓶落しに医師たち
  東京暁紅ひたすらに知的に医師たち
  知の若さの医のなかにいて寛ろぐ

○夫婦川柳
  卒と仐死にそうで死にそうでない
   米寿と喜寿のときは揃ったが、来年は数えの仐寿と満の卒寿。そして、形だけの金婚だとか。

○読者のおたより
1つのテーマでこのように多くの歌というか、表現ができることに感心しました。「ゆとり」のなせることなのでしょう。楽しませていただきました。(「おチンチンの詩」「男根幻想 十態」について)

○近況
・ガ・フレからクリスマスプレゼントが続々―なーんてね、半分ウソ!?
・回転寿司と谷地頭温泉と定期健診を1日で  12/19
6人で忘年会とか言って飲み食い。それからチンチン電車で温泉に行き、アルコールを抜いてからまたチンチン電車でクリニックへ。
・保険新契約 現金払い込みができなくなったそうな。で、カードがどうの、サインがどうのというので、別の会社の同じような保険に取替え。払込金も安くした。もちろん、現金で払い込んだ。
・温泉つき食べ放題コース  12/20
ひろめ荘温泉のイベント。寿司とステーキ食べ放題というので高瀬さんに誘われ、腹具合をベストにして参加。氏には17日も「ちゃっぷ林館」の温泉に連れて行ってもらい、2度目のお誘い。17、19、20日と温泉浸り。

○本の紹介  「背中の勲章」吉村昭著  新潮文庫

吉村昭は終わらない。戦争も終わらない。

吉村昭が書いたことはみな本当のことだと思ってしまう。すっかり信用している。「事実」は克明な調査で事実だと思っている。
この小説もそういう態度で読んだ。もちろん、すべてが事実かどうかの問題ではない。小説の真実、とでもいうことである。

1942 (昭和17) 418日の東京初空襲のことが序章として描かれる。じつは私もその初空襲のとき、その飛行機を見ている。横浜市鶴見区に住んでいて、八百屋の前の道路で遊んでいたとき、その八百屋の屋根の上を左から右へ飛んでいったのを見た。東台国民学校の3年生になった年。変だなぁと思ったような記憶があるが、確かではない。とっさに米軍機と認識したはずはない。低空飛行だったが、氏のように乗員の顔を見たとも思えない。
吉村昭のこの話は有名だから、知らずに影響を受けているかもしれない。

本書はそのエピソードから始まる。日本国も本土空襲の可能性はあるとみて一応警戒していた。太平洋上に何隻もの監視艇を走らせていた。当日そこから発信された「敵飛行艇見ゆ」「敵飛行機見ゆ」「敵艦隊見ゆ」の報告にもかかわらず軍令部は、航続距離の短い艦載機だから、襲来は翌日になると判断、人心の動揺をおそれ、東京には警戒警報も出さず、横須賀だけに出した。発見を発信した監視艇は米艦に位置を知られるから撃沈される定め。当日の2隻も消息を絶つ。

第1章は、遡って、真珠湾攻撃直前の頃から始まった監視艇の訓練から始まる。一水兵が通信兵として抜擢される。それが主人公。そして第2章、第3章と進み、初空襲の日を迎え、発見を打電し、攻撃を受け、敵艦に突っ込むが果たせず、捕虜になってしまう。

「日本軍人に、捕虜という境遇はない。生きて虜囚の辱めを受くる勿れという軍律からも、かれは自ら命を絶たなければならなかった」。ところが「殺せ、殺せ」と喚いたり、絶食したりと、いろいろ何度試みても死ねず、とうとう3年半の捕虜生活を送る羽目になる。その間の数奇な運命がこの小説の眼目といおうか。「背中の勲章」とは、捕虜服の背中に白ペンキで書かれた戦争捕虜=PW (prisoner of war)の文字のことである。

あの戦争を、裏から、というのも変だが、遠く米国各地の収容所に入れられ、捕虜が増えると移動させられ、ドイツ人捕虜と一緒に収容されるなどという推移を通し戦争の或る面を描いたセミドキュメント。島々が玉砕すれば捕虜が増える、それが戦況を説明する。とうとう沖縄の捕虜も来る。しかし、収容所の中は依然として戦意高揚・意気盛んである。敗戦を知らせると何を仕出かすが分からない。知らされないまま船に乗せられ、富士山が見えるところまで来る。中村水兵は帰宅する。母が細い声で、生きていたのか、という。墓地で自分の戒名を見る。

戦争の影響の広大無辺!?とも言うべき種々相の一つ、と言っては軽くなるが、あの戦争には、そういうこともあったんだ、と納得させられる

特に第一次世界大戦以来、戦争形態が変化し市民攻撃が一般化したため、犠牲・被害が拡大し長期化し、最近の戦争は(宣戦布告のない現代戦争を含め)終わりのないものとなった。イラク戦争終結とか一方的に言っているが、わがまま勝手もきわまった感じ。しかも、多くの人は終わったと思っていない。

戦争は終わらない、ということは、いまも続いていること。いまはその意味内容の大きさを考えるとき。そう思って、私は独りぶつぶつ何か呟いているが、ひと言でいえば冴えない。まったくもって冴えない自分をただ見ているだけ。

アジア太平洋戦争(名称も不定か)の終結に当たって、特にその戦後処理が極端に拙劣だったため、悪影響が続いている、というのが私の持論。韓国だけではない。慰安婦問題fは中国やアジア各地に残る問題であり、碑はその一端に過ぎない。

日本国のいまの原発災害は、多くの市民が被爆し、放射能汚染などこれから先が見えない点でも戦争とにているという意見がある(たとえば「似ているあの戦争と原発事故」2011-12-13 朝日 声欄)

情報制限・隠蔽も、あの戦中と同じ。原発存続意見は論理としては破綻していようが、かまわず「暴走」を続けようとしている。特に、経団連が親玉となって原発を稼働させようとしている。メディアは広告主に逆らえないから批判できない。財界は市民・庶民らが難儀しているのに、終始恬淡としているように見える。そして、先を見ようとしていない。学者も1部だろうが正体を露わにした。科学者の主張が論理的とは限らない。あーあ、長くなってしまった。
後半の
本の紹介らしくなくなったところは未定稿としておく。
                              おわり

                             大沼通信 11-12-12へ