11-12-12(2011年 75号)
○さっ平さんの一口話
その前に、いただいたファックスと絵をご覧ください。

「おチンチンの詩」に続いて、「お○○○の詩」を!! その挿絵です。 
                              ↓
             

残念なことに「お○○○の詩」はないので、さっ平さんの挿絵だけ、お楽しみください。 
因みに、アポロンに追われたダフネは、月桂樹と化して難を逃れたのですが、最近、その魔法が切れて月桂樹の木や葉がバラバラになったそうです。そこを救ったのが上の「魔女とピエロ」。
   阿部注

 ←
 
 11月15日に買ったナスビ。皿に立てて水で養生しました。
 濃い紫の輝きを放ってスックと立ち続けていました。
 3週間目に食べようと切ったら、中が腐っていました。3分の2を捨てました。
 3個で実験したのですが、確実なところ1週間は新鮮です。
                  さっ平

       一口話と早目の年賀状でした。



○読者のおたより
・さっ平さんの一口話、さすが、人生の経験豊富な方の機転に拍手したいと思いました。工夫の積み重ねが充実の日々なのでしょう。

・シュール!ですね……こんな風に脳が働けば自由で良いなー。
・「男は柴刈りに女は川へ行った/流れくる大根を拾って帰った/まな板に乗せたら/男根が叩くだけにしてと言った」
ここはつまらないなー、わからんです。想像しても全然きれいじゃない気が…。「男根」の言葉にこだわらなくっても良かったのに…。でも作者はこだわってるのですよね。なーーーんて、勝手に。作者さまゴメンナサイです。

・(大沼通信について)毎回毎回元気づけられるお便り、楽しく拝読。枯れかけた頭が目覚めるようです。86歳、物忘れのひどいこと、モノ探しで時間の浪費。食欲のあることだけが救いです。…元気をいただき、ありがとうございます。

○本の紹介 「日本語ぽこりぽこり」アーサー・ビナード著  小学館

語感鋭く、面白く、良い本。主張も鋭い。
詩人として中原中也賞を受賞し、絵本作家であり、エッセイストでもある氏のエッセイ集。短文集だが、例外的に長い1篇があり、新日本文学掲載のそれはつまらない。次に長い―といっても18ページほどだが―「おまけのミシシッピ」のほうは面白い・いい。

その他の短文が38編あるが、妙なことに大体において始めのほうが面白く、段々そうでなくなる。日時の新旧ではないので、理由は不明。私の好みかも。「あとがき」の末尾に「本書は、小学館国語辞典編集部のホームページ『Web日本語』に、3年半にわたって書いたものが中心」とあり、続いて、3人の名前があって、その方々が「一冊に編んでくれた」とあるから、彼らがこの順に並べたらしい。

仮に「部」と「章」に分けたとして、部には「海を挟んでつれション」「メロンの立場」「鼾感謝祭」などがあり、それらの下の章には「独楽った話」「テレビの取っ手」「ワサビが似合うサンダル」など、「なにっ!」といいたくなるタイトルがある。これらに先ずは快く釣られる。

習字を習い、書き順を覚え、「故事ことわざ辞典」を読み、たとえば「灯台下暗し」の灯台は、岬の先・真下は崖、の灯台ではなく、昔の「灯明台」だった、など、私も知らなかったことが出てくるし、「源氏物語」や「蜘蛛の糸」も出てくる。よく勉強している。学識ばかりでなく、巧みな日本語は、そんじょそこらの、たとえば近頃から今にかけての某国政治家(大臣クラスも入る)よりよほど上手に、正確に使っている。比較するのが間違いかも知れないが、言いたくなるんだなぁ。そのくらい日本語が自由自在で、また、落語の「1日前座」になる企画に飛び入り、円窓の弟子という形になる話があり、そこには「考え落ち」まであるからすごい。

ハックションの「クサメ」を広辞苑で引くと、そのAに、「くしゃみが出たとき唱えるまじないの語。「休息万病」を早口に言ったもの」とある。くしゃみが出たら周りの人が言ってあげる言葉が、英語ならBless you だが、日本語にはないのではないかと思っていたら、なんと「クサメ」がそれだと知った話。私もはじめて知った。沖縄で聞いたら「クスクエヒャー」、標準語では「糞食らえ」。これには笑ったものの、まだその先に落ちがついていた。


「お粗末お札」は二千円札と源氏物語のこと。鰻重を食べて勘定するとき「…すみません、これで」と女将に渡すところから始まり、「世にも珍しい『弁明を要するマネー』…」と来る。わかるねぇ。日銀と小渕首相を思い出した。

そのお札のB面のデザインは、源氏物語の「月の宴」から引用しているが、絵巻のその部分と詞書はちぐはぐで、「いったいなぜ紫式部の文章を平気でズタズタにできるのか」ともっともな指摘。それから芥川の「蜘蛛の糸」冒頭の文を同じようにズタズタにしたらどうなるかを例示し、古文はどうせ読めないのだからと見くびったか。それともジェンダーが絡んでいるか、とすれば新五千円札の樋口一葉が心配だと進める(2003/6発表)。鋭い指摘だ。一方、アメリカの新しい1j硬貨も女性をデザインしたものだが、めったにお目にかからない通貨だともいう。日本の印刷局も米国の造幣局も、「女性」をデザインに取り入れるとこうなるのか、とは、またまた鋭い。

氏は月に1度青森に行って青森放送に出演している。そのついで、といっては何だが、時間を都合して函館でも講演してくれたのだが…で、津軽弁の話もあるわけ。ミシガン州生まれで、ミラノでイタリア語も習得、タミル語も勉強したというから、語学のよくできる人。当然、俳句の英訳や英語詩の日本語誤訳のことも出てくる。

芭蕉の「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の或る英訳がまずいので自分で試みた。なるほどという訳だった(私の英語力はゼロに近いが)

「誤訳の味」もおもしろい。高橋源一郎の誤訳が出ているが、いまをときめく作家・評論家と同姓同名かも知れない。もう1人の別の詩の訳は「公園の象の耳が/霜でちぢまったとき…」とあるが、「大葉のベゴニアのことを、英語ではelephant’s earと呼ぶ。その葉がどことなく象の耳に似ているからだ」。「ホンモノの象が公園をうろついていたら、それは珍しい。しかも、その巨体に霜が降りて、耳が縮まるまで冷え込んだとしたら、風邪を…」。その後半の訳も「かなりズレている」として、親切な説明がある。

「メロンの立場」で、第2次大戦のことを、祖父に「デモクラシーvsファシズムの戦い」と答えたら即座に笑われ、「戦争っていうのは、金儲けのためにやるに決まってる。思想なんかあとからくっつくんだ」とピシャリ。

22歳のとき、前述の通り、氏はインドでタミル語の勉強に没頭したという。そのとき優秀なその先生が教えてくれた諺が、「包丁がメロンの上に落ちても、メロンが包丁の上に落ちても、切られるのはメロンだ」。大英帝国とインド独立の戦いに話が及んだときという。
そしてイラク戦争とヴェトナム戦争に触れ、米国を痛烈に批判する。「ブッシュ政権の要人たちは…『戦争責任の所在』など、見えてはこないのだろう。『どうしてオレたちの石油がイラク人の砂の下にあるんだろう…』、思考はそのくらいか」。

2003年宇宙の徒費」は「徒費」とあるから見当がつこう。省略する。以下も、長くなったので、省略。

○ガス湯沸し器の凍結・破裂   12/10
油断して水抜きをしなかった夜、急に冷え、湯沸かし器が凍結・破裂、急遽、買い替え。余計な出費となった。ついでに電気ストーブを補助用に購入。ホットカーペットも古くなり、漏電の心配があるので買い替え。
                                    おわり

                               大沼通信 11-12-05へ