11-12-05(2011年 74号)
○「理科年表」と「現代用語の基礎知識」

「理科年表」
は、毎年広告を見ると買いたくなるのだが、どうせ利用しないのだからと見送っていた。今年はじめて購入した。なぜか分からない。大震災「特集」ページが掲載されたからではない。時の勢いとでもいうか。換言すれば気まぐれか。
ポケット版は1100ページ余で1470円。目次だけで19ページ、1ページ当り45行。部門別タイトルに3行ずつ取られるが、無視して数えればざっと800項目。いやはや。

たとえば、「ブラックホール」は「暦部」の次の「天文部」の中の「宇宙X線」の「銀河系内X線」の「近接連星」の項に出てくる。隣りは「活動銀河」とか「近接銀河」。索引があるから、p145、とすぐ探せる。
また、たとえば、来年元旦の月齢は正午で7.4という具合。日の出は東京しか出ていないから略!

「現代用語の基礎知識」は、2000年版以来の買い替え。じつに12年ぶり。体裁は変ったが、ほぼ1600ページで値段は500円ばかり上がっただけ。その間に値上げしたバターやチーズやコーヒーやパン―まだいろいろありそう―は、世界情勢のせいにして「みんなで上げれば目立たない」「原料は下がっても知らん顔」的・便乗的値上げだったので…やや主観的か、どなたか調べて計算してくれるとありがたい…まだ良心的か。

こちらの「ブラックホール」は「科学・技術」の「天文・宇宙」の「銀河宇宙と恒星」に出てくる。結論として私は理解できないが、しかし、「理科年表」よりはるかに分かりやすい―ちょっと変だがホント。ニュートリノも同じ。「がん治療」の執筆者は、かの近藤誠氏。慎重に書いているが持論の色が濃い。「情報技術」は、パソコンをやっているくせにほとんど何も知らないことを知ったことになった。

理系でない方面の、たとえば時代・流行、マンガ、ゲームや若者言葉などは読むのが大変。しかし、「ニュースのおさらい」などは全国紙の論調とは異なる説明があって、なかなかにいい。

この2冊の重みと難解さを、しばらくは楽しめそう。

○些事にケチ
指揮者名の発音・表記のこと。FM放送番組「名演奏ライブラリー」(12/4)の指揮者名を、朝日はザンデルリングとし、道新はザンデルリンクと、最後を濁らせなかった。ドイツ語の日本語表記だからややこしくなる。統一するのがいいかどうかも意見の分かれるところだろう。ラジオで聞くと「ク」だが、それは解説者の「主張」になるのだろうか。そこまでは知らない私のような者にとっては、誰かに話をするときなど、どう発音したらいいだろう。一々断わるほどのことでもないし…。私はクセで!? クと言いそう。クのほうがかっこいい…ひどい主張。
ところで、クまたはグ氏は、内田光子のピアノでモーツアルトのピアノ協奏曲24番を指揮したが、内田光子のピアノのいいこと。で、その日私はモーツアルトのピアノ協奏曲でほぼ終日過ごした。モ氏の最後の27番は、もう、「消えてしまいたくなる」のであります、聴く度に。

○冬の運動
サイクリングができなくなったので、代わってマンションの「廊下歩き」をはじめた(「ろうか」を漢字変換すると、先ず「老化」と出る)。
去年までは10往復だったが、今年は欲を出して12往復。18分から20分ほどだから、1.5キロ程度だろう。その前に「でたらめゆっくり体操」を約1時間。そして、あとは一切運動なし。パソコンとその横の机に向かい、ときどき椅子を回転させるぐらいで、帰宅するまでの数時間は不(運)動の姿勢。差し引きどういう計算になるだろう。加減算の問題ではないか、いい加減な話になった。
                                                  おわり

                               儚儚老随筆no.45 11-12-05へ