11-12-01(2011年 73号)
○さっ平さん一口話 7
「死後のわれは身かろくどこへも現われむきみの肩にも乗りて」中城ふみ子さんの短歌に接してゾクゾクッと鳥肌が立った。早速ペン画にした。→

落ち着いて読み直したら、生来のそそっかしさと国語力の低劣さに気づいた。お恥ずかしい次第です。ボクはこう読んでいたのです。「死後のわれは身かろくどこへも現われ剥き身の肩にも乗りて」。

○97歳詩人の詩集「希望」
新聞の読書のページで知った。
「詩集 希望」 杉山平一さん(97) 「何でもないことこそ詩になる」。
本文に「詩のエスプリは短さにある、が持論。作品はさらに短く深くなった」。
私はまだ読んでいないのですが。

○雑 録 
▽天野祐吉のコラムから。
「テレビからウェブへ引っ越す人は、後を絶たない」。
若者100人ほどに、テレビとウェブのどっちを見ている時間が多いか聞いたら、テレビのほうが多いと答えたのはたったの2人だった。町から村へ、ねぇ。

▽週刊現代の見出しから。
「ああ、公務員だけがこんなに幸せな社会」。
年金も退職金も健康保険も給料も住宅も、すべて充実。そのお幸せな中身を紹介。
ついでの疑問。選挙で当選した議員に永年勤続とか年金とかもヘンなものだねぇ。

▽新聞の「声」欄から。
「プリンターのインク、高すぎ」。
「…驚いた…もっと驚いたことに…」
「…本体の価格を思い切り低く設定し、消耗品のインクで稼ぐのがメーカーの戦略らしい。これっておかしくないか…」。同感だが、使用量や計算例は書かれていなかった。ともかく、呆れるほど、いやになるほど、ベラボーに高い。

▽大阪の選挙結果の「見出し」比べ
新聞のトップ見出しは北海道新聞に軍配(他の新聞は省略)を上げた。
道新は「『大阪維新』ダブル選圧勝 市長橋下氏、知事松井氏」
朝日は「『橋下維新』 ダブル選圧勝 大阪市長当選 知事は松井氏」

朝日は「橋下維新」としたため、大阪市長当選としたが、道新は「大阪維新」としたため、市長橋下氏と名前が使えたうえ、市長と知事とを揃えることができた。
朝日は橋下氏の名前が使えず、市長当選とせざるを得ず、しかも「知事は」と「は」まで入れて、揃えることもできなかった。

ところで、橋下氏はいつの間にか! 政治家として成長していたのではなかろうか。いいワルイは別として。
(負けた側の)メディアや識者・コメンティターとかいう芸能人のような連中(失礼に当たる方も少々いるので少々すみません)の批判が、急に古く見えてしまった。「守旧派」になってしまった。要するに、しゃべったり書いたりするのもお金の問題かもしれないが、無難という消極性、逃げの姿勢。そうか、現実に追いついていけないのだ、と思った。
政治家の大勢は現実のうしろにいる。政界コップの中で沈めっこ遊びをしているばかりだから…政治はだめだね、ほかも、ね。97歳詩人の「希望」は別次元。
                                              おわり

                               大沼通信11-11-26へ