11-11-26(2011年 72号)
○さっ平さん一口話   11/22
夜中にトイレに起きて、「ヨーグルトの仕込み」を忘れていたことに気づいた。節電のため回折光で間に合わせて、手探りで仕込んだ。翌日の夕刻、スプーンで口に入れたが、思わず吐き出してしまった。捨てようと思ったが、生来のケチ根性。まずは原因究明。スキムミルクと小麦粉とを取り違えていたのだ。ならば、ホットケーキにしちゃおうと、フライパンへ。やわらかくてうまいのが出来上がった。姪っこに話したら、「『お好み焼き』でヨーグルトを小麦粉に混ぜるって話、聞いたことあるよ」。さっ平の発見ではなかった。

「ヘマばかり、年には勝てません」とあった。
さっ平さんからのファックス全文を紹介してしまうと、
「親友小館氏がインターネットのホームページのコピーを持って飛び込んできてくれました。一足先に大沼通信を見せていただきました。阿部さんの仕事の速さと活力に舌をまきました。
CD、早速聞かせていただきました。とてもよく入っていて、反省すべきところが沢山見つかりました。ありがとうございました。

真知子さんさんからFAXを頂きました。その中に『私のピアノでピエロは踊ってくれるかしら』とあったので、ヘタなペン画を1枚送らせていただきました」。(11/18 上掲の絵)

「ビタミンDの摂取を増すため『きくらげ』を取り入れました。次回、ご試食下さい。参考のため、食品栄養表を送らせて頂きました」。
その表は手書きで、31品目の食べ物について、20栄養素を一覧にした厖大なものだった。残念ながら省略。

読者の便りから
@「さっ平先生の多芸ぶりに驚きます。ピエロ、素敵でした」
A「型破りの人ですね。歌は何でも知っておられるし、それも3番まで完璧に歌われると前に書いていましたね。異能な人がいるものだと感心しきりです」
B「おもしろいというか、意表をつくというか、実際にナマの話を聞くともっとおもしろさを感じるのでしょう。知識豊かなそして腹の据わった方ですね。…私の周囲にはさっ平さんのような異色かつ多才な方はいません」

○リブリ  「函館水上警察」高城高著11/24   大沼婦人会館 
6名出席。明治の函館市内のことが、じつに細かいところ・モノまで活写されていて、そのご馳走の上にハードボイルド風の推理・活劇が繰り広げられているから話は尽きない。
新発見のような、森鴎外が21歳のとき函館に出張し、たまたま滞在中のアーネスト・サトウとの、おだやかでない接触対立議論まで書かれているから、特に函館人、函館好きにとってはこたえられない。
   (まとめは別項=ここをクリック)  

○くたばれNHK     11/20
頭にきた。しばらくは待ったが、我慢しきれなくなってスイッチを切ってしまった。ドボルザークの交響曲第8番の名演奏中にもかかわらず。
地震情報のくどい繰り返しが延々と続くのである。妥協して、肝心なことだけはしゃべってもいいことにするが―たとえば瞬間的に「詳しくはラジオ第1放送へ」とか「総合テレビへ」とかとして―FMの長時間放送妨害は止めるべきである。津波が予想されるときは放送も必要だが、過ぎた震度3の地名を3回も5回もおろおろ・くどくど読み上げる必要はない。JRが正常運転なら、わざわざ断わることもない。

NHK国内放送(海外は知らない)は日本国文化を殺し、私を殺した。この夏からだったか、テレビを見ることを止めたので、音源はFM放送だけとなったが、これで私は完全な音なし世界へ入った。テレビ・ラジオの一方的・受動的な(受け手から言って)メディアは、しかし、そろそろ嫌われ、終わる世の中だろう。早くくたばれ。

「テレビが売れなくなった。…テレビ時代の終焉といった声も聞かれる」(11/20 道新 卓上四季)

○死後世界出入りの短歌
前号で、死後ひょこひょこ出そうに読める次の歌を紹介した。
「死後のわれは身かろくどこへも現れむきみの肩にも乗りて  中城ふみ子」

11/20の道新に次の歌が出ていた。
「携帯電話持たず終らむ死んでからまで便利に呼び出されてたまるか  斉藤 史」

時代も意味も違うが、なんとなくおもしろい。
                                                  おわり

                               大沼通信11-11-19へ