11-11-19(2011年 71号)
○中空土偶見学  函館市縄文文化交流センター   11/19
北海道初の国宝で、カックウドグウ―地名の茅部(カヤベ)と中空をくっつけたか―とも呼ばれる高さ41.5センチの土偶。
崇め奉るなどという対象ではないが、いいものが掘り出され、縄文時代を想像させ、考えさせてくれるきっかけになる。
いろいろな出土品も展示されていて、縄文時代とそれほど変っていない今を、3000年以上も似たような暮らしと文化を続けている今を、確固とした証拠で教えてくれる。

粘土で好きなものを造形する図工のある授業では、「これって、何?」と思わせたら成功だとか。この土偶も、じーッと見ていると、「これって、何?」と思わせる。「芸術」という漢字よりも「ART」という英語のほうがぴったりする造形。見ごたえがある。

高瀬さんご夫妻が連れて行ってくれたのだが、ついでに近くの「ひろめ荘」温泉に入ってきた。露天風呂に入る頃、雨が一段と強くなり、それでも乳白色の熱いほうに入ったが、どうにも気分が出ない。すぐ隣りの屋根のあるほうへ移ってゆっくりした。

「雨が降り出した。濛々とたちこめる霧のなかで、雨音だけがひびく。浴室は暗くなり、屋根、壁、窓を無数の小さな拳が連打しつづけ、情事には巣ごもりの親密がたちこめた」。
その前にこういう描写がある。
「…両側の斜面が濃い雑木林に蔽われていて、さまざまな木が、思い思いに葉の色を変えつつある季節なので、紅葉の赤だけではなく、緑、茶、金、…日光が黄葉に射し、紅葉に射すと…」。黄葉と紅葉とを分けて書いている。ここが私は好きだ。私は「黄紅葉」と続けて書くときもあるが。
開高健のこの「珠玉」は遺作。そして最後の最後は、「女だった…」である。
ゲーテ「ファウスト」のラストは「くおんのおんなが われらをみちびく」である。
縄文時代を想像し考え、女と男を想像し考える―3000年は長い・短い。

霧といえば、金子兜太の句に「霧の村石を投うらば父母散らん」がある。
そして、先月の金子兜太選の句に「霧の景割れてきらきら霧の景」(内野修)があり、その評に「大景を感覚で書きとる。生きものの世界をナマに書きとる」とあった(朝日俳壇 10/24)。
また、短歌に「朝刊と銀木犀の香る土間好きよずっと金子兜太評」(大串真紗江)があった(朝日歌壇 11/7)。

選者永田和宏の評に、前号で触れた「谷」の字をめぐる短歌のやり取りのことも書かれていたのである。いわく「…この歌壇は一種のソサエティでもある。時にこういうやりとりも楽しい」。

戻って昼寝し、覚めたら5時半。講演を聞きに行く時刻はすぎていた。風呂上りのビール2杯と天ぷらそばが効いた。

○心配ごと
同年の天皇が気管支炎で入院、永六輔が骨折で入院のニュース。他人事ではない。

縁起でもないといわれそうだが、最近こんな短歌が出ていた。
「死後のわれは身かろくどこへも現れむきみの肩にも乗りて」(中城ふみ子)。
その評に「…この浮遊感をともなった自在さが愛唱されるゆえんだろう」とあった(道新 11/10)。

                                                       おわり

                        大沼通信 11-11-18へ クリックすると少し大きい絵が