11-11-18(2011年 70号)
○さっ平さんの絵           

 前号で、ピアニスト田中真知子さんが、さっ平さんから絵をいただいたことを書いた。その絵と、その前にいただいた絵の画像が届いたのでご披露します。
 ピエロシリーズとでもいうべき2作品。  ← ↓                                










 さて、ところで、話しは全然ちがうが、料理作りはむずかしいし、タイヘンなことも知ってはいたが、じっさいにやってみると、まったくその通りで、独居老としては、今後よほど力を入れないといけなくなってきた。
 で、さっ平さんにこれからもいろいろ教わるほか、いま、ボツボツやっている試作・創作・でたらめ料理も続け、同時にまともな料理も、ちっとは学ばなくてはいけない。既成!?の料理には先達の智恵がこもっている。



 17日は、3度目のがっこ漬けに挑戦した。結果は約1週間後に出る。最初の出来はまぁまぁだった(2度目は前日)。レシピは新聞に出ていた。大根の干し方や切り方については省略。

 かつて「料理上手の女は頭がいい」という言葉があって…いまもあろうが…当時の私は「そうだ、そうだ」とおだてていればよかったのだが、いざ自分のこととなって困っている。すなわち、「女」を「男」に入れ替えると、さっ平さんは当てはまるが、私は当てはまらないから。

 私のでたらめモノのひとつに「野菜の炒め漬」がある。何でもいい、あり合わせまたは悪くなりそうな野菜を適当に切り刻み、炒め、そこにジャーっと垂れをかけるだけ。垂れは予め作っておく。一昨日のそれはがっこ漬とほぼ同じで、砂糖・醤油・酢・酒・鷹の爪を混ぜた(がっこ漬にはほかににんにくとおろししょうがを入れた)。これも、まぁまぁの出来だったと決め込んでいる。あとは舌の問題であり、経済の問題!?
 そして、こういうことはこれ以上言わないほうがいいのである。お粗末でした。
    ↑ 撮影 田中真知子



○切り抜きとファイル
新聞の切り抜きが増加傾向にある。まずいなぁと思いながらも、せっせとカッターを引いている。
「原発災害、地震・津波」ファイルは、もう大変な量になり、早くも捨てる準備。
捨てるにしても、ある整理が必要。何かに使用するかもしれないと考えると断捨離ストップ。なかなか…。
「世界金融危機」ファイルは、地球破壊・人類滅亡まで含むからこれも厄介。

これらを少し系統付けて分類・整理し、「原発災害後変ったこと、変らないこと、変えること」とでも総称し、それぞれについて資料・出典を紹介し、若干のコメントでもつけようかと考えていた。ところが、作業が厖大でとても手に負えないことがすぐに分かった。で、簡単に頓挫。しかし、そのようなこともあり、まだ捨てきれない。

また、文芸関係や1面コラムの切り抜きも飽きず続けている。話せばきりがないので、ここではちょっとひと言紹介だけを(私が書こうと思っていたことが11/17付「天声人語」に書かれてしまったので)。
「谷」の字をめぐっての愉快な短歌のやり取り。
しかし、やはり、わたしよりよほど上手い文章だった。読んだ方が多いだろうから省略。       おわり

                             大沼通信11-11-16へ