大 沼 通 信  11-11-16(2011年 69号)

○禁酒番屋  志麻木亭さっ平独演会   11/13   札幌八軒  そば処 志麻木庵
出囃子の祇園太鼓はよく鳴ったが、ほら貝の鳴りはいま一つだったか。
先ずは実物の一升枡(マス)を見せてくれる。相当に使い古されている。さっ平さんは骨董品のコレクター。
殿の誕生祝いの席ということで黒田節を朗々と歌う。途中、ひょこっと「ヤットン節」の"とこ姐さん 酒もって来い"が入ったりする。噺の内容も大きく膨らんでいて、「ぎやまん(ガラス)」なども出てきておもしろい。

生後9カ月の赤ちゃんも静かに聴いていた。若い女性10人に対し男は2人。大学や看護学校の教え子たちが数人ずつまとまってくる様子。

今月は趣向を変えた第2部のアトラクションが見ものだった。

    

第2部
落ちも見事に決まり、全員の大拍手のあと、さっ平さんが、本日はこれからガラッと変えて第2部に入りますから7分ほどお待ちを、と言って楽屋に入った。お手伝いの大津夫人も楽屋入り。
しばらく待つと、さっ平さんが楽屋から現われた。↓ そのピエロ姿にみんなびっくり、唖然、大笑い。その笑いはなかなか止まらないのであった。
  

笑いの中、さっ平さんは舞台に立ち、ジンタのことなどを話し、それから♪空に囀る鳥の声♪とサーカスの唄。歌唱中も笑いは止まらない。シャッター音もひっきりなし。
次はイタリア語でオペラ「椿姫」の「乾杯の唄」を唄って、またまた大拍手。
    
次に、さっ平さんが「今日は大切なお客さんがいらっしゃっているので」といって1枚の絵を持って、東京から来たピアニスト田中真知子さんのところへ進み、その絵をプレゼントするのであった。「魔女とピエロ」。…そのモノクロの挿絵は何度かこの大沼通信に使わせていただいているが、今度は油彩4号の作品だった。そこでまたまた拍手。(授与式!?の場面はカメラの電池切れで撮影失敗)

チョコレートの空箱で作ったという超高い!ピエロハットが重いので、ときどき手で支えたり、それがまたおかしい。
片足ずつ違うズボンは和服をほどいて手縫いで作ったという。頬紅は真っ赤に塗ったガムテープ。それを痛そうに剥がしたり。
ともかく、さっ平さんが何をやっても、女性たちの笑いは高まり、そして絶えない。

大沼に戻り、CDにコピーしながら、全録音(赤ちゃんの泣き声から始まり、落語と2部のショーまで)を聞いたが、私もどうしても笑いがこみ上げてくるのであった。

第3部
次はさっ平さんのお宅で「しいたけパーティ」。
常連の大津夫人とピアノの真知子さんと私が招かれ、さっ平さんのお宅でご馳走になった。びっくりする量の良質の椎茸が仕入れられていた。
石突を取り、笠に十字の切れ目を入れ、フライパンにたっぷりの黒胡椒を入れ、オリーブオイルで焼くのである。私も教えてもらい、自分で何度か試してみたが、椎茸の味そのものをいただくには最高の料理法と知った。
テーブルに食べきれない量の椎茸が並んだ。
その前にエスカルゴの煮たものをいただき、ミニトマトのピクルス、オリーブのピクルスも出された。また、お土産としていただいたお手製の唐辛子の「激辛」漬と、くるみやアマランサスや胡麻入りペーストもその場で賞味させてもらった。持参したエビスビールがはかどった。

また、石突は2種に分け、1つはミキサーで砕いて何かと混ぜて食べる(飲む?)のだそうである。また、フライパンに残ったオリーブ油はその場で茄子に吸わせていた。その茄子の保存法は、ヘタを切ったあと、水を入れた壜に立てておくと長く保つのだという。すべてをその伝でやると生ゴミは出ないというからすごい。

さっ平さんはそれらを全部1人でやるのであった。

話しのついでに出てきた酢についても、外国ものが何種類もあり、その中の最高のものは、少し薄めてそのまま飲ませてもらった真知子さんが「美味しい」と言って茶碗1杯をあっさり空けていた。彼女は加えて(後日だが)「料理でも頭の使い方が違うということをこの度痛感致しました」というメールを送ってきた。 
                                                     おわり
                      11-11-17(2011年 69号)

                                大沼通信11-11-05へ