11-11-05(2011年 68号)
○さっ平さんの一口話 5


 日暮れどき
   あでやかに横たわり

 夜明けとともに
   星空に舞い戻るという

 女神の玉体をうつすとか


 大沼通信11-10-13によせて
      2011-11-03  さっ平

○温泉ドライヴ   11/2
今月は鶉温泉に行ってきた。日にちをまちがえ、彼女ら2人は函館駅から大沼まで迎えに来てくれ、それから江差方面に向かったのであった。自分の勘違いが信じきれない程度のボケが始まっていたのであった。

いい湯だった。露天風呂はないが、こぎれいな、こじんまりした温泉。そして、ここは中華料理が旨い。
私はピータンとザーサイと酢豚を食べた。それと、エビスの生。お詫びのシルシにチャーハン代は払った。
それから直売所で舞茸と椎茸を(大量に!?)買い(安い)、コンビニで豆腐を買った。なぜかここの豆腐は旨い。
ドアツードアで、長屋の玄関まで送ってもらってしまった。ありがたいやらも情けないやら。

○「ドストエフスキー人物事典」中村健之介著 (講談社学術文庫)
「白痴」を再読―拾い読み―したら、あれもこれも読みたくなり、しかしいずれも、長編だから、おいそれと読むわけにはいかない。エネルギーの衰退ははっきりしている。

で、この事典を拾い読みした。途中で「カラマーゾフの兄弟」や「罪と罰」を本棚から持ち出す必要はあったが、記憶のないところや「そうだったのか」がいっぱあった。当然だが、ふと、若い頃の「読み」はいったい何だったのだろうと思った。物語の大事なところも、特に結末の記憶がないことに、ぼやかざるを得なかった。
カラマ…で言えば、イワンの話した人間の残虐行為の数々は幾つかは記憶していたが…読んでいて熱くなり、ふらふらになったと覚えている…その話しと「大審問官」とのつながりも、それが叙事詩だということも忘れ、難しい神学論に悲鳴を上げてはそこらあたりで何度も中断した記憶はある。聞いていた囚人が無言で大審問官の唇にキスするところも、すぐあと、アリョーシャが兄の唇に無言でキスするところも、記憶では大審問官がキリストに問いかけ、キリストが無言でキスを返すような場面になっていた。何もわかっていなかった。
「白痴」についても、まったくいい加減な記憶しかなかったことを痛感。だから、新鮮な気持ちで、半ば持て余し、半ば充実感に浸って読んだ。

事典とタイトルされているが、人物紹介の中に多くのヒントや読み方…読みどころの的確な指摘など…があるほか、丁寧な解説であり、ドスちゃん論でもあり、いい本である。



  
   紅葉は盛りをすぎた。人間で言えば、78歳ぐらいか。
   安いケータイでマンションの裏を写した。 11/2

  

                                         おわり

                               大沼通信11-11-01へ