11-11-01(2011年 67号)
さっ平さんの一口話 4
尿道に激痛。近傍がポッポと燃え上がる。浴室に飛び込む。冷水を浴びせる。
クシャミの連発。温水に切りかえる。激痛灼熱がおさまり、冷静に思考する。

唐辛子を刻む手を休めてオシッコに行ったのが原因である。

「朝天豆鼓香辣脆」(原産国台湾)がうまいので真似をしようと思った。
唐辛子、大豆油、醤油,サンショウ、食用ゴマ、ショウガ、発酵黒豆、砂糖が原料。
みんな手元にあるではないか。庭の片隅で唐辛子が沢山赤くなっている。これを見捨てるわけにはいかない。夜明けとともに、飛び出して取り入れ、刻み始めた。
外で体が冷えたのでオシッコがしたくなった。それでかくかくしかじかとなったっていうわけ。
少し差し上げましょうか。「激辛」です。  さっ平
「近傍」がいいところに出てきて、それもおかしい。

○ ゴーゴリの落語調新訳「査察官」の公演
さっ平さんが化粧品を食べたハナシを書いた号には、ゴーゴリの落語調新訳「鼻」「外套」のことも書いた(9/23 第55号)。
同じ文庫の3番目は「査察官」。これもおもしろい。たとえば、「やい、へぼ文士ども!…やい、犬畜生のすっとこどっこい! てめえたちなんざ縄でひっくくって、粉みてえにすりつぶし、悪魔の着物の裏地や帽子のなかに詰めこんでやる!… 」なんていう言葉が出てくる。すっとこどっこいというロシア語があるんだろうなぁ。
最後は「だんまりの場」で、舞台上の全員が「一瞬のうちに立ち位置を変え、そのまま石と化す」。
そこは私も見たいところ。

この芝居が今月東京で上演されることを知ったので概要を紹介しましょう。 ブログ検索から
「浦 雅春さん訳『査察官』(ゴーゴリ)が劇団NLTによって上演されます。公演期間は2011年11月17日(木)〜23(水)、博品館劇場で。モスクワ芸術座付属スタジオ教授を務めるロシア人演出家を迎えての上演です」

「地方都市を牛耳ってきた市長のもとに中央官庁からひそかに査察官が監査に来るとの知らせが届く。長年にわたる不正を悟られまいと清廉潔白を訴え、接待攻勢をかけて保身をはかる市の幹部たち。ところがこの査察官の正体は...」「役人と不正という永遠のテーマが描かれるゴーゴリの代表作。現代日本にも通じるユーモア…」。

ロシアのエフゲニヤ・カナエワが新体操で3連覇
「イオンカップ世界クラブ選手権の個人総合で北京五輪金メダリストで世界選手権3連覇中」の彼女がこの大会でも3連覇を果たしたという新聞の写真に衝撃を受けた。一瞬、どんな形の体なのか―逆か―わからなかった。(10/31 道新)

パソコンで探してみたら、ちゃんとその写真集があった。それを見てまたぶったまげた。天才というのはどの世界にいるものなんだ!!  将棋の「羽生二冠、チェスで仏チャンピオンと引き分け」(10/31 朝日)に唸ったばかりだったが。
ところで、カナエワの「スゴイ」写真のうち2枚はコピーして机上に飾った。
最近のスポーツは水着コンクールのようなものが何種目もあり、見るほうには別の楽しみもある。

                                                  おわり

                              大沼通信11-10-30へ