11-10-30(2011年 66号)
○かき揚げ丼と反原発デモと北海道物産展(? 温泉と立ち飲み)   10/29
大沼公園広場で土・日にやっている「秋の味覚市」に出かけ、かき揚げ丼を食べた。旨かった。
食べ歩きではなく、歩き食べ。テントのお店がずらり並んでいるので、見て歩いた。丼を食べながら歩いた。
隣りの森町の名物「いかめし」と珍味とプルーンを買った。

この丼のことは、あるブログで次のように紹介されていた。「七飯のワカサギと沼エビ、森の豚肉と有機カボチャ「くりりん」、鹿部のホタテとタコを具材に、甘辛いタレをからめたとってもおいしい丼ですよ」。

知り合いの顔が沢山あった。好天の多い秋。

それから12時発のJRで函館へ行った。元駅長(現嘱託)に、今日はどちらでお飲みですか、と訊かれた。
市電で千代台へ行き、公園の「大間原発やめるべ」全道集会に参加した。
翌日の新聞によれば、「約1500人が気勢を上げた」となっており、写真のキャプションにも使っていたが、「気勢をあげる」は陳腐な常套語だ。ともあれ、相当の数だった。ただし、知った顔はK君1人。

昔風!?の長いあいさつが終わり…その間、私は後ろ向きになって草の上に尻を落とし、横の運動場で幼児と遊ぶ若い父親の優しい仕草を眺めたりしていた…デモになったので、のこのこ歩き出した。車道を歩くので3列縦隊にさせられ、そのため行進は延々と続いた。気持ちがよかった。

近くのデパートで1人で流れ解散し、市電で谷地頭温泉に行った。露天風呂でのんびり。普段よりなぜか空いていたが、デモが原因ではあるまい。そして立ち飲みもやっている例の古西商店へ。

先ずは、千葉在住の市原さんが私宛に送ってくれたこのお店の息子さんの写真を差し上げた。ちょっと説明が要るか。
この古西商店の3男は函館の老舗レストラン「五島軒」で働いている。その「五島軒」がケーキなどを出品する「北海道物産展」が千葉そごうで開催されることとなった。そしてその3男武三君が販売係として千葉に2度目の出張となった。で、私が千葉在住の知り合いの何人かにメールで案内し、都合がついたら行ってくれませんかと声をかけたところ、初日に市原さんが行ってくださり、武三君の写真を2枚撮り、それを早速私に送ってくれたわけ。

お店の両親と叔母さんがそれを見て、その早業にびっくりしていた。前夜、3男からその事情について電話連絡があったというが、もう写真が届いたことでびっくり喜び。居合わせた常連さんたちにも回覧。(末っ子ということもあり、可愛くて可愛くて、いまも目がない、と見える)

常連さんとは私も馴染みになっていて、そんなことをみなさんとしゃべりながらビールを飲み、足りなくなり、日本酒を追加した。
帰りの列車が決まっているので、4時51分発の市電に飛び乗った。帰り際、店主からけっこうな品をいただいてしまった。(この話は2度目。全体がほぼ同じというのが妙)

5時25分発の鈍行に乗って居眠りし、覚め、ふと横を見ると、同じマンションの住人ご夫妻がいた。やぁやぁ、となり、それからおしゃべり。親戚の方のお見舞いの帰りだとのこと。癌なのに手術も治療も出来ず、高齢なので本人にも告げられない状況だという。全身に転移し余命も短いよう。なんとも言う言葉がない。

私としては、いろいろあった1日…半日!? だった。
                                                   おわり

                         大沼通信11-10-28へ