11-10-28(2011年 65号)
○「徒然草」   10月のリブリ   10/27 
風邪や都合のつかない人があり、4名で。大きいサツマイモのチーズケーキを4人で食べた。食べ出があった。
いろいろやっている人ばかりだから、ここは情報交換の場にもなる。本の貸し借りもここでできる。そしてそれがいつの間にか「徒然草」のおしゃべりにつながっていくから妙。

大橋さんの読書メモから入る。中学高校の教科書で学んだあと、50代で本格的に学んだという。それに倣って教科書の話になったが、みんなが教科書で習ったというが、私(阿部)の時代には、「源氏物語」はあったが、「徒然草」はなかったなど。
           → 絵本朗読 「へいわってどんなこと」

随筆・エッセーとはどんなもので、他にはどんなものがあるか、大きく世界と日本のエッセーについて、自作資料に沿って説明。
「老年について」(キケロ リブリで取り上げた)、「自省録」(マルクスア・ウレリウス)、「エセー(随想録」モンテーニュ、「パンセ」(パスカル)など。
日本の3大随筆の他の2つは「枕草子」と「方丈記」(リブリでは「方丈記私記」を取り上げた)。そして「徒然草」のあとは目ぼしいものがなく、江戸時代に飛んで白石や徂徠か。明治以後は続出。

モンテーニュについては、堀田善衛の「ミシェル城館の人」がおもしろく、それを読むと膨大な「エセー」もとっつきやすくなるかもしれないなどと話した。

「徒然草」の評価については、小林秀雄のものを全文コピーして渡し、他の数人の評価(松岡正剛、秦恒平ほか)を紹介したあと、加藤周一「日本文学史序説」の該当するところを読みながら説明。

「無常」については、はかない無常「観」ではなく、すべては変化すると捉えたほうがいいのではないかという話になった。受身でなく積極的な方向へ。
「箴言」についても話が出、むのたけじの新聞「たいまつ」の「箴言」のこと、いまのコラムニストのこと、また、大新聞の、たとえば「卓上四季」「天声人語」の文章のこと。

そして話題は時事問題に移り、原発災害から、はる枝さんが六ヶ所村を訪問した話、和子さんがアーサー・ビナードさんの講演「ヒロシマ・フクシマ・大間までの道」を企画した裏話まで。
さらに世界危機のこと、国家破綻とはどういうことか、日本国の先行きはバンコクの浸水のようなものかなど、悪い冗談も出て熱くなるいっぽう。
そのあたりで和子さんの絵本朗読。「へいわってどんなこと」。もう5時に近かった。

○「方丈」と「一畳敷」と隠居大学
方丈は四畳半だという。松浦武四郎の建てた書斎は1畳敷だという。書斎ならあり得ようが、住まいとすれば四畳半でも私は危ぶむ。私自身が六畳のワンルームだから…。 
鴨長明の方丈はどうだったか。
「…今既に、五年を経たり。仮の庵も、やや故郷になりて、軒に朽葉深く、土居に苔むせり。(人が死んだり火事で家が焼けたり、いろいろあるが)…ただ、仮の庵のみ、のどけくして、恐れなし。ほど狭しといえども、夜臥す床あり。昼居る座あり。一身を宿すに不足なし」。
「今、さびしき住まい、一間の庵、自らこれを愛す。おのずから、都に出でて、身の、乞食と成れることを恥ずといえども、帰りてここに居る時は、他の、俗塵に馳する事をあわれむ」。(乞食は文字を直し、仮名遣いは現代に。下文も同じ)

そして彼はよく外を歩く。今回の地震・津波を思い、多く引用されていると思うが、数行だけ写すと、
「また、同じころかとよ、おびただしく、大地震ふる事はべりき。そのさま、世の常ならず。山は崩れて、河を埋み、海は傾きて、陸地を浸せり、土裂けて、水湧き出で、巌割れて、谷に転び入る。渚漕ぐ船は、波に漂い、道行く馬は、足の立ち所を惑わす」。…そこから破壊の状況などが描かれる。余震の回数も。四畳半に住みながらのルポライター。

話はあちこちするが、天野祐吉が隠居大学を開き、学長をやっているとか。そこは教えるところではなく、おしゃべりのサンプルを紹介する大学だという。「語らいを通じて人とつながり、未知の世界へ足を踏み入れ、社会と関わることを「道楽」とする」(11-09-16 毎日)。
とてもいい。というのも、おしゃべりとホームページが私の道楽とは、以前から言い実践していることだから。ところで、卒業というと…!?
                                                   おわり

                               大沼通信第64号 アルバムへ