アルバム  紅葉狩り       11-10-28(2011年64号)
         
           観光客がゆっくり楽しんでいます↑       ↓船もジグザグ徐行運転
        
         10月28日。小春日和。このところ何日も暖かい日がある。予想最高気温15℃
          サイクリング。これで56回目。ざっと840キロ。札幌・東京間を10キロほど上回った。


きのうはリブリの日。「徒然草」を取り上げた。 晩秋の月見のことだが…レイアウトの都合で!
「晩秋の9月20日のころ、ある方から誘われて、夜明けまで月見を楽しんだ。途中、その方が親しい女性を訪ねることを思いつき、従者に案内させて、中に入っていった。外で待つ間、家をみまわすと、手入れもされずに荒れた、夜露のいっぱい降りた庭に、ことさら客を意識したふうのない自然な香の匂いが、しっとりと薫っている。世間とのつきあいを避けて暮しているようすには、何とも心に染みるような風情が感じられた。…(男が出てきた後、私が物陰から女を見ていると) あの方を送り出した妻戸をもう少し押し開いて、月を眺めている女性の姿が見えた…」。第32段 武田友宏訳 

        
                           写真説明なし
        

        

        
                          

                               大沼通信11-10-22へ