11-10-22(2011年 63号)
                                              魔女とピエロ  大出 哲   ○さっ平さんの一口話     10/21
冷暗所の隅にある広口びんを手さぐりで引き寄せてみたら、数週間前に仕込んだヨーグルトだった。フタを開けたら、カボチャ色の皮膜で覆われていた。捨てようか。待てよ。もったいない。逡巡数分。意を決した。腰痛がきたら病院に飛び込もう。
カボチャ色の皮膜を取り去る。白いカタマリが透明な液に浮いている。ゴクン。かすかな酸味、かすかな甘み。うまい。硬いカタマリを食す。できたてのチーズだ。200グラムは食べた。腰痛はなかった。
青かびチーズを最初に食べた男は、ボクみたいな奴だったにちがいない。
以来、カスピ海ヨーグルトを毎日造っています。大津夫人(近くに住む落語会の常連―阿部注)、娘夫婦と自分の4人分。 さっ平                  

ちょうど20年前の12月、「丸の内朝飯会」でおしゃべりさせてもらった。タイトルは「日本の美・京都の庭」だった。その録音テープが出てきたのでMDにコピーしてもらい、久しぶりに自分の声を聞いてみた。その中に、修学院離宮見物のときの落葉のことがあって、鮮明な記憶が甦った。
上御茶屋から池を眺めおろしているとき、紅葉時期の終わりに近い11月30日だったが、池のほとりの1本の紅いもみじが、午後になって出てきた柔らかい風に吹かれ、いっせいに、一挙に、葉の全部を落としたのであった。その瞬間を見ていた。忘れられない光景になった。
今年2月は、ビーシーシー策戦といって「美・詩・死」についておしゃべりした。そこで私は「美に打たれる」という言葉を使った。
♪…雨に打たれて死んでしまいたい♪という歌があったが、美に打たれたら、死んでもいいと思うにちがいない。
話は飛ぶが、今朝ラジオでベートーヴェンの「運命」を聴いた。フルトヴェングラー、1943年、ベルリンフィル。これにも打たれた。つられて1951年の「第九」も聴き、やはり打たれた(Aハウスで聴いた)。
打たれる美は、眼や耳によるだけではない。それこそ、アカシアの雨でもいいし、五感も精神(内面・思いとかといってもいいか)も、いろいろある真の美に打たれると思う。
大沼の紅葉も真っ盛りで、もう、葉が舞い落ちている。宙の葉を1度にいっぱい写真に収めたいが、うまく行かない。

高校報道部同窓会の常連の、今度は後輩が亡くなった。10日ばかり前、1年先輩が亡くなったことを書いたばかりなのに(10/12付 大沼通信 第58号 参照)。   10/17

青木宏悦君。72歳。「温厚」が一番ぴったりの紳士。いつもニコニコしていた。5学年下だから在学中の付き合いはない。「つばき会」と称する同窓会で知った。それで友だちになれるのが同窓会の良さ。旧日本興業銀行に就職し、定年退職後は関係不動産会社で働いていた。会のとき、「近況報告」として全員が3分間スピーチをするが、彼のときはほとんどヤジが入らない。それまでニコニコとおとなしくしていた彼は、よく聞こえるように、低いがはっきりした声で話すのであった。頼もしい感じになる真面目な男だった。ご冥福を祈る。

訂正 
@ニッカウィスキー「竹鶴17」は「12」のまちがいでした(第62号、下から3行目)。家飲みは1ランク下のを飲んでいます。「17」は、札幌グランドホテル内のバー「キャラベル」にボトルキープしたほうでした。

A
早寝早起きとか、夜中に起きてひと仕事とか、早寝して朝までぶっつづけに眠るとか書きましたが、いろいろな夜があって、どれもまだ習慣になっていません。でたらめな夜が続いています。失礼しました。
                                                 おわり

                        大沼通信11-10-20へ