11-10-20(2011年 62号)
○どんぐりを拾っていたら、♪どじょうが出てきてこんにちは♪…消費税も復興増税もやらせて、いただきますね、だとさ。低姿勢で取るというから恐れ入る。 

○苗字の妙は尽きることがない。無知を承知で書くが、新聞で見かけた苗字に「切無澤」「鉢呂」「馬養」があった。面白いといっては失礼かな。わたしはどれも珍しく思った。
「馬養」さんは読み方さえ知らなかったが、「うまかい」と読む、浦島太郎物語の作者だったかといわれているのが伊預部馬養連(いよべのうまかいのむらじ)だという。話は700年前後の成立ともいわれるから、ずいぶん昔からある苗字だった。それだけのことだが。

○永田町の言葉尻捕ェ門や揚足取之介が、マスメディアとコラボで与党政治家狩りを楽しんでいるようだ。暇があるんだねえ、どんな時期であっても。
上記の苗字の1人「鉢呂」氏が狩られた。別の大臣は、同級の友人を「ばかなやつ」と言って危うく狩られるところ。「天声人語」は「『ばか』が持つニュアンスの幅はずいぶんと広い…これも辞書そのままの意味ではなかろう」と弁護し、「言葉をめぐる空気が、どうも息苦しい」と書いた(10/20)。同感。

○今月の温泉ドライヴは知内温泉「こもれびの湯」。ガ・フレ2人に函館駅に迎えに来てもらった。乗るとすぐ彼女らは大沼の山川牛乳2本を飲み、私は保冷剤が効いてよく冷えたエビスビールをゴクゴク。

昼食は川波食堂の「かきフライ定食」。抜群に旨い。温泉よりも、とはいわないが、これも目当て。ジューシーで、首からかけるナプキンが必要なほど。しかも熱々で、ハフー・ハフーといいながら大型5個をぺロリ。ビール大瓶で口を冷やしながらだが。

途中の海と海岸線がきれいだった。帰りは運よく、より晴れ上がり、右手に島のような函館山を見、その間のエメラルドグリーンと紺青色の帯がくっきりと眼に入った。海の自然彩色。手前の砂山は暖かかった。そう見えた。

そのガ・フレに私がほとんど毎日弁当を作っていると話したら笑ってしまった。じつは本当なのである。
今日はご飯に若布のふりかけを振ったが、卵焼きを作り、アルミフォイルに包んできた。パソコン部屋の冷蔵庫にあった鮭の焼いたのとキャベツの酢漬けと塩辛がその他のおかず。
朝起きれば一応弁当のことを考える。夕食のおかずを解凍したり、在庫をみて献立を考えておく。

○家飲みと内食―そういうらしい―私の場合
たとえば昨夜は、豚肉(解凍)のしょうが焼きにキャベツ(予め刻んでおいた)添えとごった煮の温め直しとバタートースト。妙な取り合わせだが、朝炊いた暖かいご飯の「存在」を忘れていて、うどんはちょっと時間がかかるし、餃子は前夜食べたばかり、ということでパンになったわけ。温かいご飯は小分けして冷凍しておいた。

飲むほうは、エビスの500mlと焼酎のお湯割り少々。エビスは欠かさないが、副飲料はその夜の気分次第。日本酒は旨いが高くつく。一夜一合。しかも、ときに意識的に在庫切れとする。泡盛(43℃)も高いから少しずつ。ウィスキーは「竹鶴 17」でこれも高価だからチビチビ。で、安い焼酎が多くなる。3種混合という夜もあるが、それでも飲む量は少ない。外で飲まなくなったから毎晩だが、貧しいものだ。
完寂だからだろう、すぐ眠くなる。朝までぶっつづけに眠る。
                                              おわり

                                    大沼通信 61号へ