11-10-13(2011年 60号)
○さっ平さんの一口話      絵も

 

   その昔、二人の巨人が湖上にて
   ダンゴをめぐって争った。
 
   どちらもゆずることなく
 
  疲れ果てて沈んだ。
 
   ダンゴは食べられることなく
   小島になった、という。


        9月25日付 「雲の写真集」 拾遺


○ガ・フレの俳句

 上手い人は上手いのです。

・廃線のレール錆びつつ草紅葉
・鳥渡るサハリン母の若きころ
・どこまでが親の務めか鉦叩き
・別れ来し車中の潤む茸飯
・秋深しジャズの虜になりにけり    谷代久恵

下手な人が、突如として名句を作ることはないのです。川柳も同じです。
  下手でも止めない人はいます。

 以下川柳というよりは省略文
 目覚めたら頭の隅に川柳が

 足先の隣へ行くたび蹴返され
 足先の隣へ行くたび挟まれる
 古川柳だろうか夢の中の句か
 雰囲気は大正昭和か戦後すぐ

 朝焼けの朱の広がりのなまめかし
 空が朱に染められるよう青年期往く

 カレンダー最後のヌードに風邪引くよ
 今年こそ死ぬはずだった憎まれ爺

 来年も再来年もと放射能
 年明けもセシウムずんと土に染む
 無洗米決して書くな無染米
 原発忌季語登録は済んだかな

 いかんせんこれじゃ読むだけ損した気

○昨夜、美しい満月に、唸った。息を吸ったら、満月が胸に入った。胸の中に満月。もう一つの満月は中空に依然輝いていたが。…深い秋。

テレビがなくなったので早寝早起き。というより、夜中に起きて一仕事。仕事ではないが、たとえば本読み、または2台目パソコンで書き遊び。も少し様子を見て、夜の過ごし方をつくろうと思っている。

たとえば、月刊雑誌には新聞よりやや長期の眼がある。「世界」11月号の伊東光晴「続・経済学からみた原子力発電」は内容が詰まっていて、テーマを数え上げたらどのくらいになるだろう。本当に数えたくなるくらいおもしろかった。脱原発論もさまざまで、氏の論も巷間のストレート流とは少しちがう道筋とでもいおうか。いくつかの提案にも説得力がある。まぁ、あちこちに飛んでアクセントがマチマチ、焦点が定まらない・絞れていない、などといわれそうな心配もあるが。

いまごろになって「資源の呪い」という言葉を知った。「一般に…鉱産資源が豊富にあるにもかかわらず、その富が一部の既得権者のもとにとどまり、諸産業が発展しない状態」をいう(モンゴル「ウラン産業の呪い」を解くために 核ゴミ処理場建設を問う 小長谷有紀 「世界」11月号)。

モンゴルの来年の選挙(大統領、国会議員)が注目され、「どの派閥が勝っても、モンゴルのウラン資源を欲する国がある限り、原子力発電プラントの建設チャンスをうかがう企業がある限り、ついでに核ゴミをモンゴルに捨てる可能性はまだ十分に残っている」という。ノロイ、とはネェ。

私は以前から内山節氏の論を読むのが好きで(あいまいかつ失礼だが)、今月は「近代世界の敗北と新しいエネルギー この構造のすべてを問い直せ」を読むことができた(「世界」11月号)。
「福島の原発事故は、私たちのつくりだした文明が、私たちの文明そのものを破壊する現実をみせつけることになった。文明による文明の破壊が進行したといってもよい」と始まる。

産業の勃興も戦争も文明の破壊を伴いつつ発展してきたが、「原発事故は、さらに次元の異なるものであった」と続く。どんどんおもしろくなる。そこが読みどころ。そして結語は、「私たちの前には、近代の構造すべてを問いなおす勇気をもたなければ、あらゆることが解決しない時代が存在している」。抽象的とか漠然としていると批判されるかもしれないが、それだけ問題が大きい、と私は思った。

レビストロースは「世界は人間なしに始まったし、人間なしに終わるだろう」といった(「悲しき熱帯」)。また、「この世界で人は何者なのか」、「自然と人間の関係、自然のなかでの人間の位置はいかなるものか」という問いを持ち続けたらしい(渡辺公三)。中沢新一は、彼の思考を「なんとすさまじい謙虚さ」といっている。まさに、自然の中での人間の位置を謙虚に思考するときであろう。
                                                   おわり

                               大沼通信 第59号へ