11-10-12(2011年 58号)
○10月の志麻木亭さっ平落語独演会は「野ざらし」    10/9日  蕎麦処 志麻木亭  札幌八軒
約40分の長いお噺を見事に演じた。初めに、今では分かりにくいオチの説明をし、地図で新町や向島を案内してから…。その前に出囃子の祇園太鼓とほら貝。今月は!? 力強く、長く吹かれた。
  

終わったところで、さっ平さんが紹介してくれた。いま階下に阿部俊明さんという口にくわえた筆で絵や書を描く方が見えていますので一緒にお話しませんか、と。で、氏のお連れの3人と寄席の客とでしばらくお話。
○阿部俊明詩画集 第2集
氏は交通事故で側溝に転落、頚髄損傷下肢機能全廃となり、首から下の機能を失ったという。それで筆をくわえるようになり、今では詩画集第2集を発行するまでになった。1948年生まれ。

「私が息をころして筆をくわえていると近くにいた子供達が真っ赤な顔して息を止め苦しそうに見ています"みんなちゃんと息して見ていいんだよ"」など。絵もいっぱい。

毎日の一刻一刻、そして心のうちを想像するだけでたいへん。
大出先生を経て私も1冊、いただいた。

               表紙は「カッコウの仮親アカモズ」 →

○高校の先輩死去   10/8
毎年の報道部同窓会の常連で、1年先輩の日向野昭さんが亡くなった。ツアーで函館にきていて心臓発作を起こしたという。函館市立病院に入院したが、肺炎を併発、意識不明となって―。

9月に2年先輩の大西昭夫さんが亡くなったばかり。その前3月には1年先輩の猿山輝男さんが亡くなっている。どういうことだ。しかし、そういう齢なんだよ、という声。

氏は学者タイプの勉強家で、筆も立った。在学中から見事な論を私たちの新聞に発表したりしていた。また、旺文社の仕事上もあって早くからコンピュータ、パソコンを使っていた。同窓会のテーブルスピーチも格調高かった。数年前は、たしか宇宙論。百科全書派的だった。そして謙虚で、謙虚すぎるほどだった。ご冥福を祈る。

○札幌の安田侃   10/10
野外彫刻展ということで市内各所に20数点が展示されていたが、10日はにわか雨に遭ったりして、とても見きれなかった。しかも、観光用というか観光スポットに、場違いな感じで置かれていて、途中で興味をそがれた。これで氏への評価は私の中で変に失墜してしまった。
札幌駅内のものは以前からあり、これはいい(娘さんには同意をもらって撮影)。その下の左右が大通公園と道庁の観光用!? 写真にすると、まぁいいけれど、じっさいは何かチグハグ、そぐわない。残念。

        

  

○黒生特別調達  10/9、10
飲み食いは今月も同じ。焼肉の京城屋でいつもの通り、マメ、コブクロ、ホルモンと生ビール3、にごり1。
翌夜はビッグ・ジョッキで黒生4。
はじめ、あいにく黒生を切らしていて…と言われたので、えっ、黒を飲みにきたのに、といったら、「存じております」。どうしよう、帰ろうか、と迷っていたら、「主任に話して別の店から取り寄せられるか聞いてみます」となり、主任がオーケー。ほとんど待たずに出てきた。
ポテトフライを注文したら、初顔のウェイトレスが一緒にタバスコを持ってきてくれた。よく知ってるね、といったら笑っていた。
それから先月はじめて行ったホテル内のバー・キャラベルに行き、同じニッカの「竹鶴 17」を飲み、そのボトルをキープ。
ぜーんぶ、うまかった。                                         おわり

                               大沼通信11-09-29へ