雲の写真はこれでおしまい      続   アルバム   初秋の雲
           

           

            

ヘルマン・ヘッセのように、雲の気持ちや心を、私は知ろうとしない。即物的に美しいと感じればいいとする。
暮鳥のように、雲に呼びかけることもない。ただ見ていればいいとする。

水際の旅を続けていた頃、波打際にひっくり返って、真上の白い巨塊と付き合っていたことがある。
それはでっかいまま、ゆっくり動いていた。しかし、いつの間にか形・姿を大きく変えるのだった。よく見れば激しい変形。

ジェット機や高山の上から見る雲海は、なにか私が普通でない条件の下にいるようで、雲を美しいとは感じなかった。いや、別の美しさだったようである。

雲は地上で見るのがいい。見飽きることがあるが、それでいい。 

                    11-09-29(2011年 57号)

毎月の温泉ドライヴで今回は2度目の戸井温泉に行った。思わぬ発見といってはオーバーかもしれないが、 裏手というか横手というか、歩いて2、3分のところに、こじんまりとした洒落たホテルがあった。

         ← 外観 

              ↓ 壁も、障子というか明り取りも、とてもモダーンで斬新
        

          

○「戸井ウォーターパーク」     戸井温泉「ふれあい湯遊館」付属?
意外に知られていないようなので、しゃしゃり出て、私から紹介するが、じつは私はまだ泊まったことがなく、それどころか、温泉に入りがてら、そこで初めて聞き、さっそく和洋2部屋を案内してもらい、これらの写真を撮っただけなのである。しかし、洒落た宿泊施設ではないか。「月の宿」といい、「サークルコテージ」ともいう。


設計は故毛綱毅曠氏…北海道各地に作品があり、釧路市立博物館で日本建築学会賞。釧路湿原展望台ほかでも受賞多数。

日帰り温泉施設から歩いて1、2分のところに「バーベキューハウス」という食堂があり、その裏側に立つ。水のきれいな原木川を渡ってすぐ。

宿泊は素泊まりで4620円(入浴券つき)、月曜から木曜の平日は半額の2310円(入浴券なし。入浴料360円、65歳以上50円)。

11月から冬期休業だから早く泊まりに行きたいと思っている。車なら函館駅から40分だが、バスなら1時間20分ほど。
                                                      おわり

                               大沼通信 11-09-25へ