11-09-23(2011年 55号)
                               駒ケ岳  晩夏   手前は定置網     2011-09-23
○さっ平さんから愉快なオハナシ…
落語のリハーサルをしながら寝た。
八公にたたき起こされた。何か食いたい。食卓にパンがあった。中国から里帰りした娘の夜食の残り。
冷蔵庫からピーナッツバターを引っぱり出して、ぬったくって食べた。奇妙な味。冬瓜の青くさい間のぬけた味だ。そうか、このピーナッツバター、長い間食べなかったから、油が分離して浮いたんだ。口直しに羊かんをひと口、丸かじりして寝た。
奇声で目を覚まし居間に行く。娘がピーナッツバターの容器を持って呆然としている。
「どうしたの? こんなになくなって」
「どうしたって? 食べたよ」
「食べたの、ホントに、これ食べたの?」 
「うん、食べたよ」
「これ化粧品なのよ」。

フタには「周怡伶」と書いてある。成分表には「薬用人参、虫草(冬虫夏草)、霊芝、木瓜(かりん)等10種類以上の植物+維他命(ビタミン)」とある。体を害するものは何もはいっていない。むしろ、健康に役立つものばかりだ。
前立腺癌の治療で女性ホルモンを服用している。オッパイが魅力的になってきた。いまにみろ、内側から若返って、アッと言わせてみせる。

ちなみに、この化粧品、250g、約3万円。店頭にも空港にもない。会員限定品。
「冬虫夏草」は1g、約8万円もするそうな。             さっ平

    手前にはススキが…    2011-09-23
○落語調のゴーゴリ
私はいま「鼻/外套/査察官」を読んでいるが、この訳が落語調である。たとえば「鼻」。主人公の床屋が食べようとしたパンの中から鼻が出てきて「指を突っ込んで引っぱり出してみるってえと、…これがなんと、鼻ッ!…」「正真正銘、掛け値なしの、どこからどう見たって、どう転んだって、鼻ッ」などという訳文。

「外套」は、役人(肥大官僚社会)批判が徹底していて、それをおもしろおかしく描く。
苦労して新調したばかりの外套を追い剥ぎに剥がされ、警察に捜索を願い出るが軽くあしらわれ、病気になり死んでしまう。それから幽霊となって巷に出没し、官等や身分に関係なく、外套と見れば「ひっぺがしちゃう」。ところがとうとう捕まってしまう。その場面…巡査が幽霊の身柄を部下に預け、一服しようとする。「…ところが、あァた、その煙草ときた日にゃ、くさやも目ン玉ひんむくほどのひどい臭いで、幽霊だってこいつは堪んねぇ。…幽霊のやつがくしゃみした。あまりにひどいくしゃみに、つばきが3人の巡査の目ン玉にピューッとひっかかる。巡査が拳固でもって目をふこうとしているうちに、幽霊のやつ、ひょっくり姿を消しちゃった」。こういう調子。

「査察官(他書は検察官)」もおもしろい(浦雅春訳 光文社古典新訳文庫)。この訳者の「チェーホフ(岩波新書)」もいい…落語調ではない!

○高校報道(新聞、放送)部初代部長の訃報
栃木商業高校報道部の初代部長・大西昭夫氏が亡くなった。79歳。母校初めての学生新聞つくりに携わった先輩。昭和24(1949))年だったか。2代目部長が私の1年先輩。その2代目部長がうまく引き継ぎ、順調に発行ペースにのせたというところ。

温和な人格者だった。笑顔が優しかった。クラシック音楽をこよなく愛した。センスがよかった。お酒も好きだった。酔えば立ち上がり、ニコニコしながら「目前の大オーケストラ」を指揮した。阿部くん、クラシックはいいよなぁ、としみじみ言っていた。癌にかかり、治り、毎年年賀状が来、ずっと元気だったが。

この同窓会「つばき会」は、いまも毎年2月、東京で開催。楽しい交流が続いている。1年先輩のうち2人が亡くなったが、なおお2人は元気。同輩・後輩たち10数人が参集するが、といってもみな70歳台。
栃木市在住の後輩塚田くんから連絡してもらった。
                                        おわり

                               大沼通信11-09-20へ