11-09-20(2011年 54号)
○まぐろ解体ショー   9/18                       回転寿司屋のコーナーで ↓

採れたて? のまぐろが函館で簡単に食べられるとは…
温泉仲間で毎月食べに行く回転寿司屋で、6時半からのショーに合わせ、4人で出かけた。
初めて見た。それほど大きくはなかったが、包丁さばきはなかなかだった。
早速注文。一番美味しいという中落ちと中トロをせっせと食べた。通常価格と言われると安く感じるから妙。しかも、ダイレクトメールについてくるサービス券は生ビール2杯。3人が持ち寄ればと6杯飲める計算。ソフトドリンクにも使えるが、私はたしか5杯飲んだ。帰り際、調子よく大トロのさくを買った。
(その夜のまぐろではないかもしれないが、チラシには「戸井産本まぐろ265s入荷」とある)
そのあと、3人全員で大沼のマンションまで送ってくれたのであった。6畳のワンルームに女性3人。しかし、椅子も足りないから立ち話だけ。

○大間原発反対デモ   9/19
参加者200人以上か、想定外の多さ!? 
道新は約150人、朝日は約220人と書いた。道新記者は数え方が下手だったようだ。
会場で偶然Eさんと出会い、一緒にシュプレヒコールしながら、大森浜から松風町、朝市、市役所まで歩いた。
「対岸から我叫ぶ、大間原発近すぎる」など。
集会で、福島から「子ども2人と函館市に避難してきた小松幸子(46)さんが『ストレステストを何回繰り返しても、津波対策をいくらしても、放射性物質が出来る原発を作ってはいけない』と訴えた。」(朝日)

翌日の新聞に、東京で6万人の参加、3コースに分かれてのデモ、とあった。大きい集会だ。いいことだ。
ついでにここに書けば、山本義隆氏は「…それ以上に深刻なのは、たとえ安全に運転されようとも原発が『危険で厄介な放射性廃棄物を生みだし続けることだ』といっている」(吉岡忍氏の書評から孫引き 9/11 道新)。また、同氏は「…たとえ事故を起こさなくても、非人道的な存在なのである」とも言っている(上丸洋一氏の書評から孫引き 9/18 朝日)。

○敬老の日で温泉無料
   9/19
デモ行進の後、市役所前電停から乗り、10分ほどでもう温泉。市内に市電と市営温泉があるよさ。しかも、敬老の日で谷地頭温泉は無料。年齢証明は白髪・白眉・白鬚ではなく、市電・市バス半額パス。
露天風呂でゆっくり。出たところで、ばったり古西商店常連のYさんと出会った。祝日でもやっていると聞き、古西商店で立ち飲み。お店はにぎやかで、顔見知りの常連さんたちとお店の3人さんとで話が弾んだ。大瓶1本では足りず缶ビールを追加。

JRの往復とも、同じマンションのkさんご夫妻と一緒になり、話しはお互いの体調のことなどになり、車中で肩凝りの薬をいただいた。

○光通信へ  9/20
フレッツ光とかの工事がすんだ。工事は見ていておもしろかった。ベテラン1人で1時間ほどで完了。
パソコンのスピードがやや上がった感じはする。通話料などは確実にやや上がった(3カ月はキャンペーンサービスで無料とか)。従来のソフトバンクとの解約手続きは電話が込み合っていて通じない。ややいらいら。
                                          おわり

                              大沼通信 11-09-16へ